ホーム › 3度目の正直

通関士養成

研修・セミナー

社内研修にも活用できる企業別研修も承っております。

Jtrade

貿易統計Web検索システム ジェイ・トレード

FAX&COPYサービス

統計品目番号を記して申し込めば、後はFAXを待つだけ!

貿易統計
データ提供サービス

貿易統計データを表計算ソフトに取り込み二次加工が容易に!

3度目の正直

~弱点克服!~

平成29年度通関士養成通信教育講座受講(受験3回)

全国通関士模試受験

青木 大知さん

3回目にして通関士試験に合格しました。前回、前々回と関税法と実務に苦しめられました。そこで今年は関税協会の通信講座で足りない知識を補おうと考えました。

通信講座はなかなかのボリュームで、約1週間ごとにスケジュールが決まっていました。初めのころは集中力もなく、提示された進捗通りに勉強を進めることができず、悪戦苦闘の毎日でした。ですが、通信講座を始めてから1か月経ったころから思い通りに勉強ができたと感じています。その理由としては、法律上で説明される文言や難解な法律用語をわかりやすく説明してくれたオリジナルテキストのおかげだと思います。

私はそのテキストを解いて過去問を解く、という流れを基本的な勉強の流れとしました。それは過去問題を解き続けることが合格への道筋だと考えたからです。特に関税法は穴埋め問題で点数を確保できなかった前回の反省を踏まえて同じ問題を3回以上解きました。

しかしながら、通関士試験の模試の結果は最悪でした。実務が特にできていなかったのを今でも覚えています。そこで試験勉強終盤は主に実務問題を解きました。たとえ過去問題とそっくりそのまま出題されなくても、実務に対する経験と慣れが自分には足りていないと思ったからです。実務に関しても過去問題を中心に勉強に取り組みました。

試験当日はリラックスを心がけ、答案の見直しを徹底的に行いました。見直しから気づく解答誤りも多かったです。3回目で合格したのは非常に良かったことですが、これからも通関の勉強を怠ることなく仕事に励みます。