研修・セミナー

研修・セミナー

社内研修にも活用できる企業別研修も承っております。

Jtrade

貿易統計Web検索システム ジェイ・トレード

FAX&COPYサービス

統計品目番号を記して申し込めば、後はFAXを待つだけ!

貿易統計
データ提供サービス

貿易統計データを表計算ソフトに取り込み二次加工が容易に!

通関士養成

講師、教材、サポート体制のすべてにおいて高い信頼!

関税評価

 

関税評価の基礎を分かりやすく丁寧に解説!

 税関の輸⼊事後調査では、輸⼊貨物の納税申告が適正であったかどうかを確認されます。令和元事務年度(令和元年7⽉〜令和2年6⽉)の輸⼊事後調査の結果は、調査対象3,361者のうち申告漏れのあった輸⼊者は2,723者、関税及び消費税等の追徴税額は116億円強でした。この申告漏れの主な要因として関税評価の誤りが挙げられています。
 関税評価とは「輸⼊貨物の申告(課税)価格を決定すること」と⾔えますが、輸⼊者に関税評価の知識がなければ、輸⼊後相当の年月を経て、事後調査による関税等の追徴や延滞税、加算税の納税が発⽣することとなる⼀⽅、⽣産形態が多岐にわたる昨今においては、関税評価を正確に理解・把握して、実務に適⽤することは容易ではありません。
 こうした状況を踏まえ、本セミナーでは、難解な関税評価も、まずはその基礎を理解することが大切との考えから、(入門編)で、関税評価に関する初歩的な知識を身に付けていただき、(基礎編)では、できるだけ多くの事例を基に、関税評価の基礎的理解を深めていただけるよう、分かりやすく丁寧に解説していきます。 

【講義内容】
『入門編』               2022年12月14日開催
1 関税評価とは
2 課税価格決定の原則
3 現実支払価格と加算要素
4 評価申告と事前教示
5 関税評価を理解するために
6 質疑応答
『基礎編』               2022年12月21日開催
1 輸入取引の態様と課税価格
2 現実支払価格と加算要素
3 輸入取引に関する特別な事情など
4 原則的な方法によれない場合の課税価格
5 関税評価に関する若干の補足と応用
6 質疑応答

※ 『入門編』の後に『基礎編』を受講することで、その相乗効果により講義内容の理解が一層深まります。
  なお、受講なさる方のレベルに応じて、片方のセミナーのみでのご受講も可能です。

 

オンライン※開始10分前より開室いたします。招待状はセミナー2日前までに送付いたします。)

※価格は受講者1名当たりの価格(税込)

日にち
(締切)
セミナー名 定 員 状 態 講 師 一般価格
(賛助会員価格)

2022年

12/14
(12/4)

「関税評価(入門編)」

【会場】
オンラインセミナー(ライブ配信)
使用アプリ:Zoomウェビナー
【時間】
13:00~17:00
80名 受付中 後藤 俊郎 氏

13,200円
(8,800円)

2022年

12/21
(12/11)

「関税評価(基礎編)」

【会場】
オンラインセミナー(ライブ配信)
使用アプリ:Zoomウェビナー
【時間】
13:00~17:00
80名 受付中 後藤 俊郎 氏

13,200円
(8,800円)

お申し込みの流れ

セミナー利用規約       
オンラインセミナー利用規約  

 

下記リンク先の申込フォームから、必要事項をご記入の上お申込下さい。
セミナー申込みフォームでの、講座の選択方法はこちらをご覧ください。

 申込にあたり上記規約に同意します。

 

在宅勤務を実施していますので、お問い合わせはこちらよりお願いいたします。

(オンラインセミナー)

◆ご利用について

  • Zoomアプリをお持ちでない方は、事前にZoomをインストールすることが必要です。なお、お申し込みされたメールアドレスでZoomアカウントをお持ちの場合には、ブラウザからご視聴が可能ですので、アプリのインストールは不要です。
  • ブラウザ参加の場合には一部機能がご利用できない場合がございますので予めご理解ください。
  • Zoomアプリを使用する際は、必ず最新バージョンであることを確認の上ご利用ください。
  • 講座開催2日前までに、お申込みされたメールアドレス宛に「招待状」をお送りします。 「招待状」は転送されますと無効になりますのでご注意ください。
  • 迷惑メール対策としてドメイン設定(受信拒否設定)をされている場合は、「@kanzei.or.jp」、「@zoom.us」からのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
  • 登録されたメールアドレス以外での受講はできません。登録以外のメールアドレスへ「招待状」の送付をご希望される場合は、事前にご連絡ください。
  • 「招待状」の情報がメールやSNS等で拡散されることのないようにご注意願います。
  • 1台の端末で複数名が視聴することはご遠慮願います。(プロジェクターで投影して聴講する行為等)
  • 研修内容の録画・録音は固くお断りいたします
  • 本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存します。受講者の方のお手元のPCなどの設定や通信環境が受信の状況に影響いたしますので、お申込前にご確認をお願いいたします。

Zoom接続確認のご案内

以下のURLでZoom接続確認が可能です。受講される方は事前にご確認をお願いいたします。

  https://zoom.us/testミーティングテストに参加)

  https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083テストミーティングに参加するには)

接続についてはZoomヘルプセンターhttps://support.zoom.us/hc/ja)にお問い合わせください。

お客様によってPC、インターネットの環境が異なりますので、関税協会ではZoom接続に関する問い合わせについては回答しておりません。

 

◆注意事項
  • 価格は受講者一名当たりの価格(税込)となっております。
  • 賛助会員であるかご不明な場合は教育セミナーグループまでお問い合わせください。
  • 定員に達した場合は、締切日前でもお申込を締め切ることがありますので、ご了承ください。
  • お送りした振込用紙で郵便局からご入金いただきますと払込手数料は無料です。
  • やむを得ず、セミナーの開催が延期または中止となった場合には、申込いただきました皆様へ個別にご連絡をいたします。
  • 一度お振り込みいただいた受講料のご返金には応じられませんので、予めご了承ください。
  • 2~3日経過後も受講申込完了メールが到着しない場合は、ご登録いただいたE-mailアドレスに誤りがある可能性があります。
  • 受講票メールが受信できない方はこちらをご覧ください。
講師紹介

後藤 俊郎(ごとう としろう)

1974年大蔵省(名古屋税関)入省。ほぼ40年一貫して、大蔵省(現財務省)関税局や税関で輸出入通関事務を含む税関行政全般に携わり、2015年に名古屋税関監視部長を最後に退官。この間、財務省税関研修所の教官を務め、新任職員からベテラン職員まで、幅広い層に対して関税制度や輸出入通関実務等に関する講義を担ったほか、関係業界での講演等も行ってきた。退官後は、名古屋港の大手物流(通関、倉庫)業者においてAEO(認定事業者制度)を主に担当し、特に、法令遵守規則(CP)等の改訂や通関・保税現場における内部監査、社員教育等に従事。 現在は、「行政書士」及び「貿易・通関・保税コンサルタント」として、愛知県内を中心に事業を展開

  (ホームページ:https://gtconsultant.net)。