植物防疫法施行規則の一部を改正する省令

植物防疫法施行規則の一部を改正する省令

種別 省令 出所 農林水産省 文書番号 第12号 文書日付 H26.02.25
植物防疫法施行規則の一部を改正する省令(農林水産省令第12号)
植物防疫法施行規則の一部を改正する省令

(農林水産省令第12号・H26.02.24)

 

 植物防疫法(昭和二十五年法律第百五十一号)第五条の二第一項、第六条第二項及び第七条第一項第一号の規定に基づき、植物防疫法施行規則の一部を改正する省令を次のように定める。

 植物防疫法施行規則(昭和二十五年農林省令第七十三号)の一部を次のように改正する。

別表一の第一の一の(一)の項中

Acalolepta australis
Abgrallaspis aguacatae
Abgrallaspis perseae
Acalolepta australis
に、
Acanthocinus aedilis
Acanthocinus aedilis
Acanthocoris scabrator
Aceratagallia californica
Aceratagallia longula
Aceria guerreronis
Aceria tosichella
に、
Acizzia uncatoides
Acrolepiopsis assectella
Acizzia uncatoides
Acleris gloverana
Acleris variana
Acraea acerata
Acrolepiopsis assectella
Acrolepiopsis vesperella
に、
Acutaspis albopicta
Acutaspis albopicta
Acutaspis perseae
Acutaspis umbonifera
Acyrthosiphon lactucae
Adelges piceae
に、
Aegopsis bolboceridus [SYN: Aegopsis bolbocerida](ハビロミツノヒナカブト)
Aegopsis bolboceridus [SYN: Aegopsis bolbocerida](ハビロミツノヒナカブト)
Agriotes lineatus
に、
Aleurodicus cocois
Aleurodicus dispersus
Aleurodicus cocois
Aleurodicus destructor
Aleurodicus dispersus
Aleuroplatus pectiniferus
Aleurotrachelus dryandrae
に、
Amblypelta lutescens
Amblypelta lutescens
Amblypelta nitida
Amorbia emigratella
Amphicerus cornutus
に、
Amsacta moorei
Amsacta moorei
Anaphothrips varii
に、
Anthonomus eugenii(トウガラシゾウムシ)
Anthonomus eugenii(トウガラシゾウムシ)
Anthonomus signatus
に、
Aphis pomi(ヨーロッパリンゴアブラムシ)
Aphis pomi(ヨーロッパリンゴアブラムシ)
Aphis ruborum
Aphis serpylli
に、
Archips argyrospilus(リンゴシロモンハマキ)
Archips argyrospilus(リンゴシロモンハマキ)
Archips fraterna
に、
Archips micaceana
Archips micaceana
Archips podana
Archips rosana
に、
Arhopalus ferus
Arhopalus ferus
Aristotelia palamota
に、
Arorathrips spiniceps
Arorathrips spiniceps
Artona catoxantha
に、
Aspidiotus coryphae
Aspidiotus coryphae
Aulacaspis tegalensis
Aulacophora foveicollis
Aulocara elliotti
に、
Bactrocera zonata(モモミバエ)
Baileyothrips arizonensis
Bactrocera zonata(モモミバエ)
Bagrada hilaris
Baileyothrips arizonensis
Bathycoelia thalassina
Biston suppressaria
に、
Brachycaudus schwartzi
Brachycaudus schwartzi
Brachycorynella asparagi
に、
Cacoecimorpha pronubana
Cacoecimorpha pronubana
Cacyreus marshalli
に、
Capitophorus horni
Capitophorus horni
Capua intractana
に、
Ceratitis rosa(ナタールミバエ)
Ceratitis rosa(ナタールミバエ)
Ceratothripoides brunneus
に、
Ceroplastes rusci
Ceroplastes rusci
Cerotoma trifurcata
に、
Chiloloba acuta(ツヤケブカハナムグリ)
Chloridolum alcmene
Chiloloba acuta(ツヤケブカハナムグリ)
Chionaspis pinifoliae
Chloridolum alcmene
Chloridolum thomsoni
に、
Chlorochroa ligata
Choristoneura evanidana
Chlorochroa ligata
Choristoneura conflictana
Choristoneura evanidana
Choristoneura pinus pinus
に、
Circulifer tenellus(テンサイヨコバイ)
Circulifer tenellus(テンサイヨコバイ)
Clavigralla elongata
に、
Clepsis spectrana
Clepsis spectrana
Cnephasia jactatana
に、
Cochlochila bullita
Cochlochila bullita
Cohicaleyrodes caerulescens
に、
Cryphalus latus
Cryphalus latus
Cryptococcus fagisuga
に、
Dacus ciliatus(ヒメウリミバエ)
Delia radicum(キャベツハナバエ)
Dendroctonus brevicomis(アメリカマツノコキクイムシ)
 Dacus ciliatus(ヒメウリミバエ)
 Darna diducta
 Darna trima
 Dasineura mali
 Delia radicum(キャベツハナバエ)
 Delottococcus confusus
 Deltocephalus fuscinervosus
Dendroctonus adjunctus
Dendroctonus brevicomis(アメリカマツノコキクイムシ)
Dendroctonus frontalis
に、
Dendroctonus valens
Desmothrips tenuicornis
Dendroctonus valens
Dendrolimus tabulaeformis
Desmiphora hirticollis
Desmothrips tenuicornis
Diabolocatantops axillaris
に、
 Diaprepes abbreviatus
Diaprepes abbreviatus
Diaprepes famelicus
に、
Dichromothrips corbetti
Dichromothrips corbetti
Dichroplus elongatus
に、
Ditula angustiorana
Ditula angustiorana
Dociostaurus maroccanus
に、
Dysmicoccus lepelleyi
Dysmicoccus lepelleyi
Dysmicoccus mackenziei
に、
Elasmopalpus lignosellus(モロコシマダラメイガ)
Elasmopalpus lignosellus(モロコシマダラメイガ)
Elatobium abietinum
に、
Empoasca fabae(ジャガイモヒメヨコバイ)
Empoasca fabae(ジャガイモヒメヨコバイ)
Encyclops caerulea
に、
Estigmene acrea(キシタゴマダラヒトリ)
Eulecanium tiliae
Estigmene acrea(キシタゴマダラヒトリ)
Eulachnus rileyi
Eulecanium tiliae
Eupithecia miserulata
Euplatypus compositus
に、
Euryphagus lundi
Euryphagus lundi
Euscelidius variegatus
に、
Frankliniella gossypiana
Frankliniella gossypiana
Frankliniella insularis
に、
Frankliniella schultzei
Frankliniella schultzei
Frankliniella tritici
に、
Golofa eacus(エアクスタテヅノカブト)
Golofa eacus(エアクスタテヅノカブト)
Gonioctena fornicata
Gonipterus gibberus
Gonipterus scutellatus
に、
Grapholita prunivora(アメリカリンゴコシンクイ)
Grapholita prunivora(アメリカリンゴコシンクイ)
Graphosoma lineatum
に、
Haplothrips froggatti
Haplothrips froggatti
Haplothrips nigricornis
に、
Haplothrips varius
Haplothrips varius
Hedya nubiferana
に、
Hendecasis duplifascialis
Heterobostrychus aequalis
Hofmannophila pseudospretella
Hendecasis duplifascialis
Henosepilachna elaterii
Hercinothrips bicinctus
Heterobostrychus aequalis
Heteronychus arator
Hieroglyphus banian
Hofmannophila pseudospretella
Holotrichia disparilis
Holotrichia serrata
に、
Hyadaphis coriandri
Hyadaphis coriandri
Hyadaphis foeniculi
に、
Ips concinnus
Ips concinnus
Ips grandicollis
に、
Isotenes miserana
Lambdina fiscellaria
Isotenes miserana
Keiferia lycopersicella
Lambdina fiscellaria
Lepidosaphes chinensis
Lepidosaphes eurychlidonis
に、
Leptoxyleborus punctatissimus
Leptoxyleborus punctatissimus
Leucopholis irrorata
Leucopholis lepidophora
Lilioceris lilii
に、
Listronotus oregonensis(ニンジンゾウムシ)
Listronotus oregonensis(ニンジンゾウムシ)
Lygus bradleyi
に、
Lygus lineolaris(サビイロカスミカメ)
Macroplectra nararia
Lygus lineolaris(サビイロカスミカメ)
Lygus shulli
Lymantria obfuscata
Macroplectra nararia
Macrosiphum hellebori
Macrosiphum rosae
に、
Mamestra configurata
Mamestra configurata
Manduca quinquemaculata
Manduca sexta
Marasmia patnalis
に、
Megastigmus transvaalensis
Melolontha melolontha
Megastigmus transvaalensis
Megymenum brevicorne
Melanagromyza hibisci
Melanaspis glomerata
Melanoplus bivittatus
Melanoplus sanguinipes
Melanotus communis
Melanthrips fuscus
Melolontha melolontha
Merophyas divulsana
Mesoplatys cincta
Metcalfa pruinosa
Metopolophium festucae
に、
Microtheca ochroloma
Microtheca ochroloma
Mitrastethus baridioides
Mocis latipes
に、
Monochamus scutellatus
Monochamus scutellatus
Mononychellus tanajoa
に、
Myzus cymbalariae
Myzus cymbalariae
Nacoleia octasema
Napomyza cichorii
に、
Nipaecoccus nipae
Nipaecoccus nipae
Noctua pronuba
Nomadacris septemfasciata
に、
Nysius raphanus
Nysius raphanus
Octaspidiotus australiensis
Oebalus insularis
Oedaleus senegalensis
に、
Orgyia leucostigma
Orseolia oryzae(イネノシントメタマバエ)
Orgyia leucostigma
Orgyia pseudotsugata
Orphanostigma abruptalis
Orseolia oryzae(イネノシントメタマバエ)
Orthosia cerasi
Orthotomicus caelatus
に、
Panchaetothrips indicus
Panchaetothrips indicus
Pandemis cerasana
に、
Papuana woodlarkiana
Papuana woodlarkiana
Paracoccus interceptus
に、
Parapiesma quadratum(テンサイチビカメムシ)
Parapiesma quadratum(テンサイチビカメムシ)
Parapoynx polydectalis
Paraputo theaecola
Parlatoria citri
に、
Pentamerismus erythreus
Phenacoccus hakeae
Pentamerismus erythreus
Phalaenoides glycinae
Phenacoccus gregosus
Phenacoccus hakeae
Phenacoccus manihoti
に、
Phloeosinus punctatus
Phloeosinus punctatus
Phloeosinus sequoiae
に、
Phyllophaga smithi
Phyllophaga smithi
Phyllotreta chotanica
Piezodorus guildinii
Piezodorus lituratus
に、
Platypus curtus
Platypus curtus
Platypus cylindrus
に、
Platypus subdepressus
Platypus subdepressus
Platypus westwoodi
に、
Podischnus agenor
Podischnus agenor
Poecilocoris latus
に、
Prionus californicus(カリフォルニアノコギリカミキリ)
Proeulia chrysopteris
Prionus californicus(カリフォルニアノコギリカミキリ)
Proeulia auraria
Proeulia chrysopteris
Prostephanus truncatus
に、
Pseudanaphothrips achaetus
Pseudanaphothrips achaetus
Pseudaulacaspis brimblecombei
に、
Pseudaulacaspis papayae
Pseudaulacaspis papayae
Pseudococcus aurantiacus
Pseudococcus baliteus
に、
Pseudococcus viburni
Pseudococcus viburni
Pseudohylesinus granulatus
に、
Psila rosae(ニンジンサビバエ)
Psila rosae(ニンジンサビバエ)
Pterochloroides persicae
に、
Rastrococcus iceryoides
Retithrips syriacus
Rastrococcus iceryoides
Rastrococcus invadens
Retithrips syriacus
Rhachisphora alishanensis
に、
Rhagoletis pomonella(リンゴミバエ)
Rhagoletis pomonella(リンゴミバエ)
Rhipiphorothrips cruentatus
に、
Rhopalus tigrinus
Rhopalus tigrinus
Riptortus dentipes
Rivula atimeta
Saissetia vivipara
に、
Sciopithes obscurus
Sciopithes obscurus
Scirtothrips aurantii
に、
Scolytus scolytus(ヨーロッパニレノキクイムシ)
Selenaspidus articulatus
Scolytus scolytus(ヨーロッパニレノキクイムシ)
Scolytus ventralis
Scotinophara coarctata
Scyphophorus acupunctatus
Selenaspidus articulatus
Selenomphalus euryae
に、
Sinoxylon conigerum
Sinoxylon conigerum
Sipha flava
Sipha maydis
Siphanta acuta
に、
Sitobion luteum
Sitobion luteum
Sitona discoideus
Sitona humeralis
に、
Sitophilus linearis
Sitophilus linearis
Spilococcus mamillariae
に、
Spodoptera albula
Spodoptera albula
Spodoptera eridania
に、
Spodoptera praefica
Spodoptera praefica
Stenoma catenifer
に、
Tenuipalpus caudatus
Tenuipalpus caudatus
Tenuipalpus rhagicus
に、
Tetrapriocera longicornis
Tetrapriocera longicornis
Thaumetopoea pityocampa
に、
Thrips imaginis
Thrips imaginis
Thrips madronii
に、
Thyridopteryx ephemeraeformis
Trialeurodes ricini
Thyridopteryx ephemeraeformis
Tirathaba rufivena
Tortrix viridana
Trialeurodes ricini
Trioza erytreae
に、
Trogoxylon spinifrons
Trogoxylon spinifrons
Tryphetus incarnatus
に、
Unaspis citri(ニセヤノネカイガラムシ)
Unaspis citri(ニセヤノネカイガラムシ)
Urentius hystricellus
に、
Xyleborus cognatus
Xyleborus cognatus
Xyleborus costatomorphus
Xyleborus dispar
に、
Xyleborus macropterus
Xyleborus macropterus
Xyleborus monographus
に、
Xylosandrus morigerus
Xylosandrus morigerus
Xyloterinus politus
に、
Zabrotes subfasciatus(ブラジルマメゾウムシ)
Zonocerus elegans
Zabrotes subfasciatus(ブラジルマメゾウムシ)
Zabrus tenebrioides
Zonocerus elegans
Zonocerus variegatus
に改め、

同表の第一の一の(二)の項中

Ditylenchus angustus(イネクキセンチュウ)
Anguina funesta
Ditylenchus angustus(イネクキセンチュウ)
に、
Globodera rostochiensis(ジャガイモシストセンチュウ)
Globodera rostochiensis(ジャガイモシストセンチュウ)
Heterodera carotae
に改め、

同表の第二の一の(一)の項中

Balansia oryzae-sativae(イネミイラ穂病菌)
Ceratocystis fagacearum(ナラ類しおれ病菌)
Balansia oryzae-sativae(イネミイラ穂病菌)
Botryosphaeria festucae
Ceratocystis fagacearum(ナラ類しおれ病菌)
Cercospora demetrioniana
に、
Elsinoe australis
Elsinoe australis
Elsinoe phaseoli
に、
Fusarium oxysporum f. sp. tuberosi
Fusarium oxysporum f. sp. tuberosi
Gloeotinia temulenta
に改め、

同表の第二の一の(二)の項中

Clavibacter michiganensis subsp. nebraskensis(トウモロコシ葉枯細菌病菌)
Clavibacter michiganensis subsp. nebraskensis(トウモロコシ葉枯細菌病菌)
Cranberry false blossom phytoplasma
に改め、

同表の第二の一の(三)の項中

Citrus leprosis virus C
Citrus leprosis virus C
Citrus psorosis virus
に、
Grapevine line pattern virus
Grapevine line pattern virus
Grapevine Tunisian ringspot virus
に、
Sweet potato virus 2
Sweet potato virus 2
Sweet potato yellow dwarf virus
に、
Vallota mosaic virus
Potato spindle tuber viroid(ポテトスピンドルチューバーウイロイド)
Vallota mosaic virus
Columnea latent viroid
Mexican papita viroid
Pepper chat fruit viroid
Potato spindle tuber viroid(ジャガイモやせいもウイロイド)
Tomato apical stunt viroid
Tomato chlorotic dwarf viroid
Tomato planta macho viroid
に改め、

同表の第二の一の(四)の項中

Amasya cherry disease
Amasya cherry disease
Apple (Stayman) blotch
Apple (Virginia Crab) decline
Apple brown ringspot
Apple bumpy fruit of Ben Davis
Apple dead spur
Apple freckle scurf
Apple green mottle
Apple horseshoe wound
Apple junction necrotic pitting
Apple leaf pucker
Apple McIntosh depression
Apple Newtown wrinkle
Apple pustule canker
に、
Apple star crack
Apple star crack
Apricot chlorotic leaf mottle
に、
Elm zonate canker
Elm zonate canker
Grapevine asteroid mosaic
Grapevine vein necrosis
に改める。

 別表一の二の二の項の地域の欄中「南アフリカ共和国」の下に「、モロッコ、リビア」を、「ニュージーランド」の下に「、ハワイ諸島」を加え、同表の五の項の地域の欄中「パキスタン」の下に「、バングラデシュ」を、「フィリピン」の下に「、ベトナム」を加え、同表の九の項の地域の欄中「タジキスタン」の下に「、ドイツ」を加え、同項の植物の欄中「いんげんまめ」の下に「及びだいず」を加え、同表の十一の項の地域の欄中「タイ、」を削り、同表の十六の項の地域の欄中「イスラエル」の下に「、イラン」を加え、「、ポーランド」を削り、同項の検疫有害動植物の欄中「ポテトスピンドルチューバーウイロイド」を「ジャガイモやせいもウイロイド」に改め、同表に次のように加える。

十七 中華人民共和国、シリア、アイルランド、イタリア、英国、オーストリア、オランダ、キプロス、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、南アフリカ共和国、アメリカ合衆国、カナダ、エクアドル、チリ、ペルー、メキシコ トマトの種子であつて栽培の用に供するもの並びにトマト、ばれいしよ及びペピーノの生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの Pepino mosaic virus
十八 イタリア、英国、デンマーク、ドイツ、フランス、アメリカ合衆国、カナダ、コスタリカ トマトの種子であつて栽培の用に供するもの及びトマトの生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの Columnea latent viroid
十九 カナダ、メキシコ トマトの生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの Mexican papita viroid
二十 タイ、オランダ、カナダ とうがらしの種子であつて栽培の用に供するもの並びにトマト及びとうがらしの生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの Pepper chat fruit viroid
二十一 インドネシア、イスラエル、イタリア、オーストリア、オランダ、スロベニア、ドイツ、フィンランド、フランス、ベルギー、チュニジア、セネガル、コートジボワール トマトの種子であつて栽培の用に供するもの及びトマトの生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの Tomato apical stunt viroid
二十二 インド、英国、スロベニア、チェコ、フィンランド、フランス、アメリカ合衆国、メキシコ トマトの種子であつて栽培の用に供するもの及びトマトの生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの Tomato chlorotic dwarf viroid
二十三 メキシコ トマトの生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの Tomato planta macho viroid

 別表二の二の項の植物の欄中「がじゆまる」の下に「、グリコスミス・ペンタフィラ」を、「たいへいようぐるみ」の下に「、テトラクトミア・マジュス」を、「トマト」の下に「、トリファシア・トリフォリア」を加え、「びわ」を「パラミグニア・アンダマニカ、びわ」に改め、同表の三の項の植物の欄中「アボカド」を「アセロラ、アボカド」に改め、「いちじく」の下に「、エレモシトラス・グラウカ、オプンティア・フィクス-インディカ」を、「オリーブ」の下に「、カシミロア・テトラメリア、カシューナッツ」を、「きだちとうがらし」の下に「、グリコスミス・トリフォリアタ、こだちとまと」を、「ざくろ」の下に「、サントール、しまほおずき」を、「すもも」の下に「、せいようかりん」を、「ばんじろう」の下に「、ぱんのき、ヒロセレウス・メガランサス」を、「びわ」の下に「、フェイジョア」を、「まるめろ」の下に「、ムラーヤ・エキゾチカ」を、「れいし」の下に「、わんぴ、アクロニチア属植物」を、「とけいそう属植物」の下に「、なす属植物」を、「なつめ属植物」の下に「、にんめんし属植物」を加え、「及びロリニア属植物」を「、ももたまな属植物、ロリニア属植物及びあかてつ科植物」に改め、同表の四の項の地域の欄中「フィリピン」の下に「、ブータン」を加える。

 別表二の二の三の項の地域の欄中「除く。」の下に「以下この表において同じ。」を、「イスラエル」の下に「、イラン」を加え、「、ポーランド」を削り、同項の植物の欄中「アボカド」を「ペチュニア属植物の種子であつて栽培の用に供するもの並びにアボカド」に改め、同項の基準の欄中「ポテトスピンドルチューバーウイロイド」を「ジャガイモやせいもウイロイド」に改め、同表に次のように加える。

 
四 中華人民共和国、シリア、アイルランド、イタリア、英国、オーストリア、オランダ、キプロス、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、南アフリカ共和国、アメリカ合衆国、カナダ、エクアドル、チリ、ペルー、メキシコ あらげしゆんぎく、いぬほおずき、エキウム・クレティクム、エキウム・フミレ、きだちたばこ、けちようせんあさがお、ケノポディウム・ムラレ、コニザ・アルビダ、シシンブリウム・イリオ、タラクサクム・ウルガレ、ディプロタクシス・エルコイデス、バッシア・スコパリア、ピプタテルム・ムルティフロルム、ひろはひるがお、ほんきんせんか、モリカンディア・アルウェンシス、ようしゆきだちるりそう、リコペルシコン・ピンピネリフォリウム、おおばこ属植物、オノポルドゥム属植物、ぎしぎし属植物、コロノプス属植物、せいようひるがお属植物、ぜにあおい属植物、のげし属植物及びひゆ属植物の生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの
  1. 輸出国の政府機関により発行され、かつ、その検査の結果検疫有害動植物が付着していないことを確かめ、又は信ずる旨を記載した検査証明書又はその写しを添付してあるものであること。
  2. 1の検査証明書又はその写しには、適切な血清学的診断法又は核酸の塩基配列を検出するために適切と認められる方法による検査が行われ、かつ、Pepino mosaic virusに侵されていないことが特記されていること。
五 イタリア、英国、デンマーク、ドイツ、フランス、アメリカ合衆国、カナダ、コスタリカ グロキシニア(シーマニア)・ギムノストマ、グロキシニア(シーマニア)・ネマタントデス、グロキシニア(シーマニア)・プルプラスケンス、コルムネア・エリトロファエア、ネマタンツス・ウェッツテイニ、ブルンフェルシア・ウンドゥラタの生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの
  1. 輸出国の政府機関により発行され、かつ、その検査の結果検疫有害動植物が付着していないことを確かめ、又は信ずる旨を記載した検査証明書又はその写しを添付してあるものであること。
  2. 1の検査証明書又はその写しには、核酸の塩基配列を検出するために適切と認められる方法による検査が行われ、かつ、Columnea latent viroidに侵されていないことが特記されていること。
六 カナダ、メキシコ ソラヌム・カルディオフィルムの生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの
  1. 輸出国の政府機関により発行され、かつ、その検査の結果検疫有害動植物が付着していないことを確かめ、又は信ずる旨を記載した検査証明書又はその写しを添付してあるものであること。
  2. 1の検査証明書又はその写しには、核酸の塩基配列を検出するために適切と認められる方法による検査が行われ、かつ、Mexican papita viroidに侵されていないことが特記されていること。
七 インドネシア、イスラエル、イタリア、オーストリア、オランダ、スロベニア、ドイツ、フィンランド、フランス、ベルギー、チュニジア、セネガル、コートジボワール ストレプトソレン・ジェイムソニー、ソラヌム・ラントネッティー、たまさんご、つるはななす、ケストルム属植物及びブルグマンシア属植物の生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの
  1. 輸出国の政府機関により発行され、かつ、その検査の結果検疫有害動植物が付着していないことを確かめ、又は信ずる旨を記載した検査証明書又はその写しを添付してあるものであること。
  2. 1の検査証明書又はその写しには、核酸の塩基配列を検出するために適切と認められる方法による検査が行われ、かつ、Tomato apical stunt viroidに侵されていないことが特記されていること。
八 インド、英国、スロベニア、チェコ、フィンランド、フランス、アメリカ合衆国、メキシコ とべら、ひめつるにちにちそう、バーベナ属植物及びペチュニア属植物の生植物(種子及び果実を除く。)であつて栽培の用に供し得るもの
  1. 輸出国の政府機関により発行され、かつ、その検査の結果検疫有害動植物が付着していないことを確かめ、又は信ずる旨を記載した検査証明書又はその写しを添付してあるものであること。
  2. 1の検査証明書又はその写しには、核酸の塩基配列を検出するために適切と認められる方法による検査が行われ、かつ、Tomato chlorotic dwarf viroidに侵されていないことが特記されていること。

   附 則

 この省令は、平成二十六年八月二十四日から施行する。ただし、別表一の二の改正規定は、平成二十七年二月二十四日から施行する。