ホーム出版物・資料刊行物一覧 › 貿易実務関連

出版物・資料

Jtrade

貿易統計Web検索システム ジェイ・トレード

FAX&COPYサービス

統計品目番号を記して申し込めば、後はFAXを待つだけ!

貿易統計
データ提供サービス

貿易統計データを表計算ソフトに取り込み二次加工が容易に!

貿易実務関連

 

2017年8月23日現在

※2017年6月1日からの郵便料金等の変更に伴い一部送料が変更となりました。

※送料は1冊のみご注文いただいた時のものです。2冊以上ご注文の場合は別途お問合わせください。

ISBN No. 書 籍 名 判/頁 本体価格 定 価 送料
978-4-88895-408-2 実行関税率表 A4/1300 24,000円 25,920円 710円

輸出統計品目表2014年版(日英両文)

2017.04.03発行
広告掲載案内

輸入申告に必要な輸入統計品目番号と品名及びその最新の関税率を掲載【2017年度版】

5年に一度のHS大改正を反映

輸入申告において、貨物を分類するために記載を要する品名・品目番号及び税率(基本、協定、特恵、暫定、EPA)と取扱単位を一覧できるように掲載しています。注意書きでは、各品目に係る法律について、その名称を表示しています。
日本では、輸入される貨物の全てが、本書の内容に従って分類され、課税対象となっています。附表では、各国の産品について、特恵税率など、適用される関税の種別が一目でわかる適用状況表をはじめ、現在発動中の特殊関税、各種EPAの税率を一覧表としたEPAタリフデータの掲載など、税関での手続において必要となる各種情報をもれなく収録しています。

【目次】はしがき/通則/本文/附表等

→本書の情報をパソコンで利用したい方は【ゼーラム2017】をご覧ください。

978-4-88895-406-8 輸出統計品目表(日英両文) B5/760 9,800円 10,584円 560円

輸出統計品目表2014年版(日英両文)

2016.12.20発行

 

 

2017年1月1日からの輸出統計品目番号【2017年版】

日本から輸出する貨物は、HS条約の規定により、その貨物を分類しなければなりません。本書では、その全品目分類名称を日英両文で、また、国際的に共通な6桁番号と国内細分の3桁番号を合わせた9桁番号を一覧の形式で表記した品目表です。
貿易実務における手続の際には、本書による正しい品目分類が不可欠となります。さらに、各品目に適用される関税関係法令以外の法令についても参考欄でフォローしています。また、附表では、貿易形態別符号表、船(機)籍符号表、税関符号表等の資料を掲載しています。

【目次】通則/本文/附表等

→本書の情報をパソコンで利用したい方は【ゼーラム2017】をご覧ください。

978-4-88895-394-8 関税評価303 A5/656 2,750円 2,970円 450円

関税評価303(改訂6版)

2015.12.15発行
 

Q&A形式で疑問に答えます【改訂7版】

本書は、難しいといわれる関税評価を、豊富な事例をベースにQ&Aの形で解説しまとめたものです。初めて関税評価に接する方から、経験を積んだベテランの方まで大いに役立つ実務書です。
今回の改訂におきましては、最新の法令及び通達の内容を反映すると共に、一部関連事例の入れ替えを行いました。また、各事例の本文においては簡潔で分かりやすい表記を心がけており、関連法令通達の条項名を付記するなど、使いやすい体裁となっております。
さらに「法令編」ではこの間に改正された法令及び基本通達をアップデート。コンパクトな「関税評価六法」としてもご利用いただけます。

 

978-4-88895-383-2 保税ハンドブック A5/388 2,700円 2,916円 300円

保税ハンドブック(改訂6版)

2015.03.20発行
 

2015年3月、5年ぶりの改訂新版発行!【改訂7版】

本書は、指定保税地域の貨物管理者又は保税蔵置場、保税工場若しくは総合保税地域の許可を受けた人(倉主)の保税実務を担当する方のために編集したもので、保税制度の概要、保税関係の細部にわたる具体的な手続等を体系的に理解していただけるようにわかりやすく解説しております。
今回の改訂に際し、改訂6版発行以降の関係法令及び通達の改正を織り込み、内容を最新のものにアップデートするとともに、通達と税関様式は本文と別に[参考]としてまとめ、読みやすさと質の高さの両立を図りました。

【目次】保税制度の概要/保税地域における貨物の管理等/保税蔵置場の実務/保税工場の実務/総合保税地域の実務/保税運送の実務/収容・公売の実務/配合飼料等製造工場の実務/情報処理システムを利用した保税関係手続/参考資料等

978-4-88895-363-4 関税(品目)分類詳解【I】 A5/456 2,400円 2,592円 350円

関税(品目)分類詳解【Ⅰ】

2013.06.28発行

『貿易実務ダイジェスト』からの単行本化!【シリーズ第1巻】

本書は、関税(品目)分類についての基礎知識を始め、第1類から第97類までに亘って、その内容と分類のポイント等について解説したものです。
シリーズ第1巻目の本書では、総論として関税・品目分類のための一般的な事柄、HS品目表の解釈に関する通則等、分類のためのルールについて詳しく述べ、続いて、各論として、第1部から第5部までの類毎に詳細な解説を加えてあります。
これから分類関係の業務に携わろうとする方はもちろん、既に貿易・通関業務にかかわっておられる方、更には通関士試験にチャレンジしようと考えておられる方々にも十分な内容となっています。

【目次】総論/第一部の解説/第二部の解説/第三部の解説/第四部の解説/第五部の解説/付録等

詳細はこちら

978-4-88895-354-2 HS商品インデックス B5/300 2,300円 2,484円 350円

HS商品インデックス 改訂版

2012.10.12発行

関税率や貿易統計を調べたい、でもHSコードがわからない、こんな思いをされたことはありませんか?【改訂版】

HS※コードに対応する品目名称は一般的な表現になっているものが少ないため、品目の分類に慣れている方でないと目的の商品のコード番号を確定するまで時間がかかります。本書は様々な商品に対応しているHSコードがスムーズに検索できるように、HSコードを探し出すためだけに編集された一冊です。2012年HS改正に対応。

※HS:Harmonized Commodity Description and Coding System(商品の名称及び分類についての統一システム)

【目次】第一編品目名五十音順/第二編HSコード2桁順

  関税率表解説(上巻) B5/862 19,000円 20,520円 実費
関税率表解説(下巻) B5/910

関税率表解説(上巻)

関税率表解説(下巻)

2017.02.06発行

2017年改正対応(追録37号)

分類を再確認することは業界の常識!品目の分類を詳しく解説(台本)

我が国はHS条約に加盟しているため、輸出入取引を行う際にHSコードでの輸出入申告が必要となります。
HSとは正式名称で「商品の名称及び分類についての統一システム(Harmonized Commodity Description and Coding System)」といい、「○○○○.○○」という6桁(号)で表され、これを一般的にHSコードといいます。その世界約190カ国で使用されている共通番号の6桁の分類体系をまとめたものが本書です。本書は、WCOのHS分類のExplanatory Notesに基づいて、日本の関税率表の解釈ルール・定義、原則を体系的に明確にし、部・類ごとに総説や注があり、4桁「項」の説明、6桁「号」の説明から構成されています。
HS分類の4桁ごとにその項に含まれる商品の解説(商品の成分、形状または用途等)と当該品目番号に含まれる商品が明記され、また、6桁の説明では、この項目は「この号に含まれる。」や「含まれない。」といった具体的なトレードネームが表記されています。
「実行関税率表」、「輸出統計品目表」で分類ができない場合は、まず本書を見る、これはもう業界の常識といえるでしょう。

購入後のフォロー

関税率表解説は加除式の上下巻・台本で作成されていますので、年1~2回行われる改正事項を反映した追録(有料)をご利用いただくことで、常に最新の情報を手元にもつことができます。

※この書籍は書店でのお取り扱いはいたしませんので、直接当協会までご注文下さい。
※バインダーの色は、資材調達の関係で色味が異なる書籍がございますが、本書の内容は全て同じとなっております。

【目次】通則/第一部~第二十一部までの解説
 

→加除式書籍のご案内、及び変更届等は【こちら】をご覧ください。
→本書の情報をパソコンで利用したい方は【ゼーラム2017】をご覧ください。

  関税分類例規集 B5/526 6,500円 7,020円 560円

関税分類例規集

2017.02.06発行

 

2017年改正対応(追録32号)

国際分類例規、国内分類例規も台本一冊にまとめました(台本)

HS分類の中で疑義がある品目の取扱いを、国際分類例規と国内分類例規としてそれぞれまとめたのものが「関税分類例規集」です。
国内分類例規及び国際分類例規の2章からなる例規集は、関税率表の分類についての通達(分類例規)及び分類事例を収録したものです。また、国際分類例規は、各国において過去に実績のあった個々の品目に関する例規です。
編集方式は、部、類、項や号の商品の解説となっています。関税率表解説でも判別できなかった品目の分類が例規集によって最終的に決定できます。
関税率表解説と併せてご利用いただくことをお勧めいたします。

購入後のフォロー

関税分類例規集は加除式の台本で作成されていますので、年1~2回行われる改正事項を反映した追録(有料)をご利用いただくことで常に最新の情報を手元にもつことができます。

※この書籍は書店でのお取り扱いはいたしませんので、直接当協会までご注文下さい。

【目次】国際分類例規/国内分類例規

→加除式書籍のご案内、及び変更届等は【こちら】をご覧ください。
→本書の情報をパソコンで利用したい方は【ゼーラム2017】をご覧ください。

978-4-88895-341-2 貿易実務入門 A5/140 1,500円 1,620円 215円

貿易実務入門

2011.06.20発行

「貿易実務」に関しては、まず本書から/寺田一雄 著

本書は、コンパクトなサイズながら、貿易実務に関する一通りの知識を身につけられるよう編集しています。したがって、初めて貿易実務に携わることになった方ばかりではなく、関係するすべての方が知っておきたい内容となっています。
専門分野のみならず、貿易実務全体を広くカバーしている本書を読むことで、知識が吸収できることでしょう。学んだ「基礎知識」は無駄になることはありません。

【目次】国際貿易の基礎知識/貿易取引の形態/取引準備と契約交渉/契約条件と輸出入契約書/日本の輸出入貿易管理制度/外国為替による代金決済/運送契約と貨物の受渡し/貿易取引のリスクと保険/輸出入通関手続きと関税制度/運送クレームと貿易クレーム