ホームリファレンス週間為替相場(主要31ヵ国) › 週間為替相場について

週間為替相場について

週間為替相場について

税関への輸出入の申告は、輸出はFOB(Free On Board)価格*1、輸入はCIF(Cost Insurance and Freight)価格*2で行い円貨に換算することが規定されています。この換算に用いる外国為替相場は、申告の日の属する週の前々週における実勢外国為替相場の当該週間の平均値として税関長が公示する相場です。
当協会のホームページではこの週間為替相場を掲載し、毎週火曜日午後(主要30ヵ国)に更新しています(年末年始、祝祭日を除く)。また、その他の国についても原則毎週火曜日に更新しています(年末年始、祝祭日を除く)。ただし、月曜日や火曜日が祝日にあたる場合は、原則として水曜日の更新となります。

  • *1:輸出貨物の輸出港における本船甲板渡し価格のこと。
  • *2:仕入書を基礎として算出した輸入港における運賃、保険料込み価格のこと。

貿易統計のドル表示について

1996年4月から貿易統計のドル建て表示が財務省から発表されなくなり、円建てのみの公表となりました。それに伴い、月次のドル換算レートも発表されなくなりました。以下の作成例は1996年3月まで行われていた算出方法です。
貿易統計は旬毎に集計されるため、換算率も旬間で計算します。計算方法は、各旬に属する各週のドル換算率を、旬に含まれる日数で加重平均する方法です。

【作成例】

税関長公示の週間為替相場が

4月1日~7日 154.30円/ドル
4月8日~14日 157.22円/ドル
4月15日~21日 158.74円/ドル
4月22日~28日 157.79円/ドル
4月29日~5月5日 158.87円/ドル

としますと

上旬分レート (154.30×7)÷10+(157.22×3)÷10=155.18円/ドル
中旬分レート (157.22×4)÷10+(158.74×6)÷10=158.13円/ドル
下旬分レート (158.74×1)÷10+(157.79×7)÷10+(158.87×2)÷10=158.10円/ドル

となります。

次に輸出入総額(円ベース、単位千円)が

  輸出 輸入
上 旬 1,061,142,836 1,092,569,354
中 旬 1,088,008,962 1,061,386,488
下 旬 1,299,293,165 732,627,507
月 分 3,448,444,963 3,215,098,678

であったとしますと、各旬のドル建て総額(単位千ドル)は

  輸出 輸入
(a)上旬 1,061,142,836÷155.18=6,838,142 1,092,569,354÷155.18=7,040,658
(b)中旬 1,088,008,962÷158.13=6,880,742 1,061,386,488÷158.13=6,712,113
(c)下旬 1,299,293,165÷158.10=8,218,173 732,627,507÷158.10=4,633,950
月 分 (a)+(b)+(c)=21,937,057 (a)+(b)+(c)=18,386,721

となります。

従って、月分の換算レートは、

輸出 3,448,444,963÷21,937,057=157.20円/ドル
輸入 3,215,098,678÷18,386,721=174.86円/ドル

となります(端数はすべて四捨五入)。