ホーム教育セミナー通関手続セミナー › メガEPA原産地セミナー

メガEPA原産地セミナー

自己申告(証明)制度に基づくメガEPA原産地規則・新制度への対応は万全ですか?

メガEPA(TPP11及び日EU・EPA)の原産地規則では、輸入者・輸出者・生産者による自己申告(証明)制度が採用されています。そのため、輸出入者・生産者の皆様は、これまでの輸出国発給当局に依拠した第三者証明制度とは異なり、自ら原産地規則を正確に理解し、適正な申告(証明)を行うことが求められます。また、輸入された産品の原産性に疑義がある場合には、輸入国税関からの直接的又は間接的な書面・訪問による検証制度(事後確認制度)が採用されているので、原産性疎明に対する準備も必要となります。
本セミナーでは、メガEPA原産地規則の主要条文の正確な理解だけでなく、実務上の注意点、適正な申告に必要な関税分類及び申告書の作成方法等について解説するなど、実務に即したより実践的な内容の講座となっております。

 

セミナーの概要、我が国のこれまでのEPA及びメガEPA(TPP11及び日EU・EPA)の概要
TPP11及び日EU・EPA原産地規則の原産性基準の概要と証明実務上の注意点
TPP11及び日EU・EPA原産地規則の累積、デミニマス、その他の規定の概要と証明実務上の注意点
関税分類の基礎知識(通則の解説)
自己申告制度の下での証明実務の概要と事後確認において事業者として留意すべき点
TPP11及び日EU・EPA原産地規則に基づくケーススタディ
関税法施行令及び関税法基本通達に基づく原産品申告書・同明細書の作成方法
全体の質疑応答

 

東 京

日にち
(締切)
セミナー名 定 員 状 態 講 師 一般価格
(賛助会員価格)

NEW!

2019年

3/25
(3/18)

メガEPA原産地セミナー

【会場】
連合会館
千代田区神田駿河台3-2-11
【時間
09:30~17:00
※受付は09:00より開始いたします。
会場の関係上、09:00前にお越し戴いても、お待ちになれるスペースがない場合がございます。
60名 満席 今川 博 氏
松本 敬氏
18,000円
(13,000円)

お申し込みの流れ

下記リンク先の申込フォームから、必要事項をご記入の上お申込下さい。
セミナー申込みフォームでの、講座の選択方法はこちらをご覧ください。

JASTPRO賛助会員の方は、講座の選択方法はこちらをご覧ください。


JASTPRO賛助会員の方は、備考欄に会員の旨をご記載下さい。
会員価格適用した請求書を作成し、発送致します。

◆注意事項
  • ※価格は受講者一名当たりの価格(税込)となっております。
  • ※定員に達した場合は、締切日前でもお申込を締め切ることがありますので、ご了承ください。
  • ※お送りした振込用紙で郵便局からご入金いただきますと払込手数料は無料です。
  • ※一度お振り込みいただいた受講料のご返金には応じられませんので、予めご了承ください。
講師紹介

今川 博(いまがわ ひろし)

(一財)日本貿易関係手続簡易化協会(JASTPRO)業務二部長、WCO認定専門家(原産地規則)。20年超にわたり原産地規則の策定・執行に従事し、外国での勤務・講演経験も豊富(国連貿易開発会議(GSP)5年、WCO(WTO非特恵調和規則)9年)。TPP、日EUを含む原産地規則交渉にも多数参画。東京税関総括原産地調査官、財務省関税局原産地規則専門官を経て、2015年横浜税関業務部長。2016年9月から現職。

 

 

松本 敬(まつもとたかし)

1973年大蔵省入省(神戸税関)。税関研修所教官、インドネシア関税局長政策顧問(JICA専門家)、関税局課長補佐(APEC担当)、WCOアジア太平洋キャパシティビルディング事務所長、関税国際交渉専門官、WCO事務局対外調整官、大阪税関総務部長などを経て2015年に退職。WCOに8年間勤務しAEO制度の導入支援等多くのキャパシティビルディングに従事。現在は、日本関税協会調査・研究担当部長兼CIPIC事務局長。WCO認定専門家(税関業務診断、通関所要時間調査)。青山学院大学経営学研究科で教鞭を執る。