ホーム出版物・資料刊行物一覧その他一般 月刊誌「貿易と関税」 › 月刊誌「貿易と関税」 2019年主要目次

月刊誌「貿易と関税」 2019年主要目次

 

貿易と関税 (2019年1月号)通巻第790号

 

 

貿易と関税
 

関税政策・税関行政について/中江 元哉
日本経済の動向、財政指標の推移、そして、税関の使命である「適正かつ公平な関税等の賦課徴収」、「貿易円滑化の推進」、「安全・安心な社会の実現」を旨とする関税局、税関の仕事について紹介しています。

 

 

2019年1月7日発行/B5判/172ページ
本体800円+税

ISSN 0406-4984
日本関税協会発行

 

主要目次(2019年1月号)

●関税政策・税関行政について/中江元哉

●一帯一路に関わる日本企業の新たな商機の可能性/月岡直樹

●Brexitの諸問題・19離脱協定と英EU将来関係政治宣言/庄司克宏

●自動車及び自動車の部分品・附属品のHS関税分類について・1/長瀬 透

●インドネシア税関による知的財産権侵害物品の水際取締りとその課題/松本 敬
●TPPコンメンタール ─21/中川淳司

●世界税関紀行・54アフリカ西端のギニア共和国/御厨邦雄

●関税・税関TOPIC(5)・米国通商拡大法第232条と日本の緊急関税制度/夏見太揮

●関税・税関TOPIC(6)・財務省税関によるEPAセミナーの開催について/吉ケ江智咲子

●第52回通関士試験の結果について

●国際機関・各国税関当局の動向/編集グループ

●知的財産「海外動向」

●貿易統計の動き(2018年10月分)/財務省関税局関税課

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

公益財団法人 日本関税協会
編集グループ 電話:03-6826-1434