ホーム出版物・資料刊行物一覧通関士試験関連 › 通関士試験の指針

通関士試験の指針

A5判/820ページ/定価6,048円(本体価格5,600円)/ISBN978-4-88895-373-3
 

受験生必携の書!

受験生必携のバイブルとして詳細に亘る内容は他の参考書の追随を許しません!
通関士試験範囲を完全網羅し、基本的な事項から細かい通達の規定まで解説図や表を利用して丁寧に解説していますので、どのような問題が出題されてもこれを読んでおけば慌てることはありません。
また、2色カラーとし、赤色のチェックシートを添付していますので、語句選択式(※)の問題対策にも十分に活用できます。
巻末には、附録として「通関士試験対策問題・解説集」との相互参照表も掲載しており、合わせて利用することで学習効率が上がります!

近年難しくなっている試験問題にも対応!

今年度版では、近年難しくなっている試験問題にも対応できるよう見直しを行っています。現在の出題形式では、択一式及び複数肢選択式(5肢の中から「正しいもの」若しくは「誤っているもの」すべてを選択する形式)については、一つ一つの選択肢について正確な知識が要求されますので、本書では、試験範囲を細部に亘って解説し、重要部分は太字で記載して随所に図表を掲載するなど受験生の理解を助けるための工夫をしています。

 

右の画像をクリックすると紙面サンプル(PDFファイル)をご覧いただけます。→

通関実務も充実の内容!

多くの受験生の難関として立ちはだかる3時間目の通関実務。
初めて学習する受験生でもすんなりと理解できるように申告書作成問題と計算問題については、例題形式で解説しています。例題を解きながら学習していくことで、自然と解答パターンとテクニックを身につけることができます。品目分類に関しては、基本となる「関税率表の解釈に関する通則」を解説した後、具体的な分類事例を学ぶことで品目分類の考え方が身に付きます。また、過去に出題された事例を関税率表の類別に分類した一覧表(関税率表における《類別》商品分類)も掲載していますので、本試験前の知識の整理にも役立ちます。

←左の画像をクリックすると紙面サンプル(PDFファイル)をご覧いただけます。

※「語句選択式」とは、選択式のうち文章の空欄に当てはまる適切な語句を選択肢から選んで解答する形式をいいます。