大阪支部

当支部の主な活動

    ホーム > 大阪支部のプロフィール > 当支部の主な活動

当支部の主な活動

会員により近く、地域の大切な窓口となるのが支部です。全国の主要貿易港都市、函館から沖縄まで9支部あり、各地域の実情により即した情報を お届けしています。貿易や関税に関連した制度や政策は、国内外で刻々変化しており、適正かつ円滑な貿易を促進していくためには、これらに関連した情報を正確かつ迅速に、会員の皆様にお知らせしていく必要があります。このため、各種講演会や説明会、研修会を随時開催しています。

支部幹事会・総会・地区総会

支部幹事会・総会は支部役員、会員が一同に会し、年1回開催され、意見交換・情報交換を通じ会員相互間での親睦を深める場としても活用されています。※開催実績は昨年度のものです。

2017年6月 第68回定時幹事会・総会
2017年4月~5月 地区会総会(8地区)
2017年4月~6月 地区保税会総会(5保税会)
2016年10月 保税会幹部と大阪税関監視部幹部との意見交換会
2016年5月 関空保税会定例会

2016年11月

滋賀保税会総会

2016年12月

桜島保税会、南大阪保税第1部会総会

2017年1月 保税南港会幹事会

2017年2月

保税南港会総会

 

 
講演会

内外の経済状況、貿易業務に関する国際問題等をテーマとして、各界の専門家の方を招いて講演を行っています。

2017年6月 時局講演会
演題

「医療を中心としたインバウンドビジネス」

講師

近畿大学経営学部

   教授  勝田英紀 氏

2017年4月~5月

講演会(富山、石川、京滋、関空、舞鶴・宮津、

     和歌山、福井、南大阪地区会)

演題:「最近の貿易動向と税関行政」

講師:大阪税関長 中村信行 氏

2016年11月

税関長講演会

演題:「最近の貿易動向と税関行政」

講師:大阪税関長 中村信行 氏

定例会合

2015年10月19日、大阪税関監視部幹部と保税部会役員との意見交換会を開催しました。小林保税部会長、上川監視部長の挨拶のあと、大阪税関から「保税地域の推移」「平成22年密輸動向」「薬物及び銃器取締強化期間」「保税地域における保税非違事例」「倉主による自主管理(記帳義務)」について説明がありました。 会議の途中、大阪税関PRビデオ「日本の未来のためにー税関その使命ー」を上映、出席者一同その重要性を再認識しました。

説明会・研修会・勉強会

法令改正や、新システムの導入などにより常に進化している通関業務。更に多岐にわたる関税制度や 税関行政及び法令を熟知し、業務に反映させることは容易ではありません。現状を素早く見据え、対応していくことが実務上重要になっています。このため、各地区においては、管轄する税関の幹部の方等に講師をお願いし、地域毎の実務に密接した説明会、研修会を行っています。このように、実際の業務に必要かつ、役立つ情報を会員の皆様に正確かつ迅速に提供しております。※開催実績は昨年度のものです。

2017年3月 原産地規則に係る説明会(食料品)
2017年6月 原産地規則に係る説明会(繊維製品)
2016年7月 教育セミナー「通関手続入門編」(本部共催)
2016年10月 関税評価研修会

2016年10月

2016年11月

保税事務研修会

保税事務研修会

2016年11月 実地セミナー「関空」(本部共催)

2016年12月

2017年2月

保税事務研修会

「関税評価研修会」、「保税事務研修会」

情報提供等

支部毎にホームページを運営しており、ホームページに支部の活動や管内の最新情報の提供等きめ細やかなサービスをご提供しています。