ホーム研修・セミナー通関手続セミナー › 品目分類(オンライン)

研修・セミナー

研修・セミナー

社内研修にも活用できる企業別研修も承っております。

Jtrade

貿易統計Web検索システム ジェイ・トレード

FAX&COPYサービス

統計品目番号を記して申し込めば、後はFAXを待つだけ!

貿易統計
データ提供サービス

貿易統計データを表計算ソフトに取り込み二次加工が容易に!

品目分類(オンライン)

TPP11、日・EUEPA、日米貿易協定をはじめとしてEPA・FTAが世界的に拡大増加する一方で、貿易摩擦が一層激化する中、国内・海外で正しい関税率を適用するとともに、自己申告制度を含む原産地規則を有効に活用するために!

 HS分類(4桁の項及び6桁の号に関する分類)は、我が国の輸入関税率や、輸出統計品目番号を確定するための出発点であると同時に、輸出相手国で適用される関税率を知る上でも必須の国際分類です。また、原産地規則の自己申告制度の導入に伴い、取引される物品のみならず投入原材料についても、正しいHS分類を行うことは必須となっております。
 当セミナーでは、HS分類に不可欠である関税率表の解釈のための通則などを駆使して、いろいろな分野の物品が特定の項・号にどのようにして分類されるかを中心に検討を行うとともに、まとめとして前記通則を包括的に取り上げその理解を深めることといたします。
 日頃、我が国または輸出相手国に関するHS分類に携わっておられる方にとって、EPA・FTAが世界的に拡大・増加し原産地規則に関する自己申告制度も導入される一方で、貿易摩擦が一層激化している今こそ、HS分類を詳細に検討してみるのに良い機会ではないかと思います。
 なお、本コースは、輸入のみならず輸出においてもすでにHS分類をいろいろと経験されておられる方々向けに、HS分類を深掘りすることを企図したセミナーです。

 

【講義内容】

第1回:『15部の卑金属及びその製品の分類について

                 2020年10月19日開催

 

  • 卑金属の一次製品の分類の原則
  • 卑金属の半製品及び製品の分類の原則と除外品目の検討

 

第2回:『39類のプラスチック及びその製品並びに40類のゴム及びその製品の分類について』

2020年11月16日開催 

  • プラスチック及びゴムの一次製品の分類の原則 
  • プラスチック及びゴムの半製品及び製品の分類の原則と除外品目の検討

 

 

第3回:『16部の機械類・電気機器等及び87類の自動車等の部分品・附属品の分類について』

2020年12月21日開催  

  • 84類、85類及び87類の物品の部分品・附属品の分類の原則
  • 除外品目の検討

 

第4回:『農水産品とその調製品等の分類について(1~23類)』

2021年1月25日開催 

  • 1~23 類における調製品と混合物の取扱い 
  • 動物性生産品、植物性生産品、砂糖調製品、ココア調製品、乳製品、飲料、調製飼料等の1~23 類の物品についての分類の原則 

 

 

第5回:『94類及び95類の雑品、70類のガラス及びその製品、71類の貴金属等及びその製品、並びに42.02の容器の分類について

2021年2月15日開催

  • 家具、祝祭用品等の雑品を含む標記物品の分類の原則
  • 42.02の容器をはじめとして、各類や項に含まれる品目と除外品目に関する検討

第6回:『関税率表の解釈に関する通則について』

 

2021年3月22日開催 

 

  • 関税率表の解釈に関する通則1~6
  • 同通則の個別物品の分類への適用事例

 

 

オンライン

日にち
(締切)
セミナー名 定 員 状 態 講 師 一般価格
(賛助会員価格)

2021年

3/22
(3/18)

「品目分類」第6回(オンライン):
『関税率表の解釈に関する通則について』

【会場】
オンラインセミナー(ライブ配信)
使用アプリ:Zoomウェビナー
【時間】
13:00~17:00
※開始10分前より開室いたします。招待状はセミナーの前営業日に送付いたします。

80名

受付終了 長瀬 透 氏 13,200円
(8,800円)

2021年

2/15
(2/8)

「品目分類」第5回(オンライン):
『94類及び95類の雑品、70類のガラス及びその製品、71類の貴金属等及びその製品、並びに42.02の容器の分類について』

【会場】
オンラインセミナー(ライブ配信)
使用アプリ:Zoomウェビナー
【時間】
13:00~17:00
※開始10分前より開室いたします。招待状はセミナーの前営業日に送付いたします。
50名 終了 長瀬 透 氏 13,200円
(8,800円)

2021年

1/25
(1/18)

「品目分類」第4回(オンライン):
『農水産品とその調製品等の分類について(1~23類)』

【会場】
オンラインセミナー(ライブ配信)
使用アプリ:Zoomウェビナー
【時間】
13:00~17:00
※開始10分前より開室いたします。招待状はセミナーの2日前までに送付いたします。
50名 終了 長瀬 透 氏 13,200円
(8,800円)

2020年

12/21
(12/14)

「品目分類」第3回(オンライン):
『16部の機械類・電気機器等及び87類の自動車等の部分品・附属品の分類について』

【会場】
オンラインセミナー(ライブ配信)
使用アプリ:Zoomウェビナー
【時間】
13:00~17:00
※開始10分前より開室いたします。招待状はセミナーの2日前までに送付いたします。

 

80名

申込枠
追加増枠

終了 長瀬 透 氏 13,200円
(8,800円)

2020年

11/16
(11/9)

「品目分類」第2回(オンライン):
『39類のプラスチック及びその製品並びに40類のゴム及びその製品の分類について』

【会場】
オンラインセミナー(ライブ配信)
使用アプリ:Zoomウェビナー
【時間】
13:00~17:00
※開始10分前より開室いたします。招待状はセミナーの2日前までに送付いたします。
50名 終了 長瀬 透 氏 13,200円
(8,800円)

2020年

10/19
(10/12)

「品目分類」第1回(オンライン):
『15部の卑金属及びその製品の分類について』

【会場】
オンラインセミナー(ライブ配信)
使用アプリ:Zoomウェビナー
【時間】
13:00~17:00
※開始10分前より開室いたします。招待状はセミナーの2日前までに送付いたします。
50名 終了 長瀬 透 氏 13,200円
(8,800円)

お申し込みの流れ

セミナー利用規約       
オンラインセミナー利用規約  
 
在宅勤務を実施していますので、お問い合わせはこちらよりお願いいたします。
 

下記リンク先の申込フォームから、必要事項をご記入の上お申込下さい。
セミナー申込みフォームでの、講座の選択方法はこちらをご覧ください。

 

◆ご利用について

  • Zoomアプリをお持ちでない方は、事前にZoomをインストールすることが必要です。なお、お申し込みされたメールアドレスでZoomアカウントをお持ちの場合には、ブラウザからご視聴が可能ですので、アプリのインストールは不要です。
  • Zoomを使用する際は、必ず最新バージョンであることを確認の上ご利用ください。
  • 講座開催2日前までに、お申込みされたメールアドレス宛に「招待状」をお送りします。 「招待状」は転送されますと無効になりますのでご注意ください。
  • 迷惑メール対策としてドメイン設定(受信拒否設定)をされている場合は、「@kanzei.or.jp」、「@zoom.us」からのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
  • 登録されたメールアドレス以外での受講はできません。登録以外のメールアドレスへ「招待状」の送付をご希望される場合は、事前にご連絡ください。
  • 「招待状」の情報がメールやSNS等で拡散されることのないようにご注意願います。
  • 1台の端末で複数名が視聴することはご遠慮願います。(プロジェクターで投影して聴講する行為等)
  • 研修内容の録画・録音は固くお断りいたします
  • 本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存します。受講者の方のお手元のPCなどの設定や通信環境が受信の状況に影響いたしますので、お申込前にご確認をお願いいたします。

 

◆注意事項

  • ※価格は受講者一名当たりの価格(税込)となっております。
  • ※賛助会員であるかご不明な場合は教育セミナーグループまでお問い合わせください。
  • ※定員に達した場合は、締切日前でもお申込を締め切ることがありますので、ご了承ください。
  • ※お送りした振込用紙で郵便局からご入金いただきますと払込手数料は無料です。
  • ※やむを得ず、セミナーの開催が延期または中止となった場合には、申込いただきました皆様へ個別にご連絡をいたします。
  • ※一度お振り込みいただいた受講料のご返金には応じられませんので、予めご了承ください。
  • ※2~3日経過後も受講申込完了メールが到着しない場合は、ご登録いただいたE-mailアドレスに誤りがある可能性があります。
  • ※受講票メールが受信できない方はこちらをご覧ください。
講師紹介

長瀬 透(ながせ とおる)

長瀬 透(ながせ とおる):1973年東京大学農学部農芸化学科卒。1986年ブラッセル自由大学・ボストン大学提携経営学修士。5年間医薬品の開発に従事した後、1978年から28年間財務省関税局・税関等に勤務し、関税局業務課補佐(関税分類担当)及び関税分類調査官などを務める。またこの間、WCO(世界税関機構)の関税・貿易局次長(HS担当)(1998年~2003年)を含め、同機構事務局に10年間勤務。2006年7月に沖縄地区税関長を退職。政策研究大学院大学客員教授。