ホーム通関士養成第47回通関士試験を振り返って › 第三科目(通関実務) いろいろ工夫で突破を

第三科目(通関実務) いろいろ工夫で突破を

第三科目(通関実務) いろいろ工夫で突破を

 

《TOKOTONシリーズの活用》
Bさん

3科目目で、何かしら今までなかったような問題が出てきていましたので、プラスアルファとして『TOKOTON計算問題』であるとか『TOKOTON関税評価』に取り組みましたが、プラスアルファを取る意味ではよかったと思います。

司会

受講生から要望の多かった、通関実務強化のための対策として『TOKOTON関税評価』『TOKOTON計算問題』を出版しました。それが7月と9月だったので、もう少し早く出せればもっと役に立っていたと思います。急ごしらえだったこともあって、多少のミスも発生し申し訳なく思っていますが…。平成26年度の法律改正後の4月には、きちっとした改訂版を出版したいと考えています。

Lさん

私としては、先ほども申し上げましたが、第1の壁は日本語でした。しかし、第1、第2科目とも7割は取れてクリアです。第2の壁は英語です。竹串bamboo skewerなんかが全然分からない。英語は結構得意なんですけれど、この言葉は普段使わないです。第3の壁、やはり貿易に携わっていないから業界語にまいりました。「口銭」と書いて、“こうせん”か“くちせん”なのか分からない。仲介だったら分かるけど、この口銭の意味が分からないので今年も落ちたと思ったね。

 3科目の合否には、大きな差はないね。私は僅差で落ちた。自分も次は、通関実務に対する勉強のシェアを増やします。また、大切なのはやる気です。それから計画。勉強を進める順序を逆にします。第3科目の通関実務を優先し、第1、第2科目は5月からでも間に合うと思います。

司会

皆さんは通関実務で落としています。関税法等、通関業法はどういう傾向で出ているかを把握し、6割取ればいいという戦法をとり、実務に特化していくのがいいでしょうね。

関税法等の2科目目は、先ほど言った5項目で今年の試験問題も8割ぐらい取れます。だからこの5項目を重点的に最低限の時間で押さえてやって、残った時間は実務に回す。実務の問題のうち、申告書の作成以外の問題、その中でも主なものは輸出入の通関手続で占めています。こんな方法をとれば、そんなに難しい試験ではないと思いますよ。首をひねっている方もいますけれど(笑)。今回の合格率も11.7%でしょ。実務については10%を切っていますが、効率的に勉強して、1年もしくは2年かけてやっていただく。あとは関税協会の講義を真面目に聴いて、最後までついてきていただく。さっき言った5項目にはバリエーションがありますが、そこを抑えていくというやり方ではないのかな、と思います。今年の実務も少し引っ掛けはありましたが、基本的な問題が多かったと思いますよ。合格率も上がっています。効率的に勉強していただければ、光は見えてくると思います。

 

 

《宣言 “私、申告書問題やるからランチに一緒に行かない!”》
Eさん

私は『ゼロからの申告書』をやりだしたのが遅くって、今思えばもうちょっと早くからやればよかったな、が感想ですね。『ゼロからの申告書』を毎日コツコツやるのが一番いい。反復練習ですね。今回の反省点ですが。申告書を解くのには、結構時間がかかります。まとまった時間が平日は取れないから、週末にまとめて『ゼロからの申告書』を1ヶ月半ほどやりました。しかし、平日やっていないと忘れちゃうんですね。また、感覚みたいなものが5日間しないことによって落ちていくと気付いたんですよ。多分特別答練の時だと思うけど、「かわらばん」(毎月発行している受験情報紙)だったかもしれませんが、会社の昼の休憩時間に申告書の問題を1問やる方のことが紹介されていました。

司会

ありました。

Eさん

それで会社にも言っちゃえと思って、「私、申告書問題を昼休み時間にやるからランチ一緒に行かない。」って宣言したんです(笑)昼間ガーッ!とおにぎり食べて、申告書をダァーッとやるのを1ヶ月続けました。本試験はケアレスミスで落ちちゃったんですけど、それはそれで成功だったと思います。ケアレスミスのchilled tomatoesの勘違いさえなければよかったんですけどね。加算、非加算、分類もできていたんですけどね。

ともかく、スタートを早めるのと、反復練習することが大事だと思いました。申告書の問題は、時間を計ってするのはすごく大切だと思いました

Eさん

そのための30分でしたので、時間の感覚が常にあり、体にしみ込ませたと思いました。

Fさん

ただ、実務関係というのは自分が日頃やってないし、イメージが沸かないっていう話がありましたけど、そこはやはり弱いんで、『ゼロからの申告書』をまずしっかりクリアすべきです。1番から10番まではクリアできるんだけど、15問中、11番から以降は「何だよこれ!」という感じで、それはやはり理解できていないからでしょう。

司会

申告書で重要なもののひとつは、按分計算を素早く正確にすることですね。当協会では「簡易連続計算方式」(別紙3 参照)として紹介しています。輸入申告書の作成問題では必須の方法です。

それではここで一休みして、引続き特別答練など第3科目の通関実務の具体的な学習法などについてお話いただきましょう。