ホーム通関士養成私の合格体験記平成25年度 › 分析、継続、解決の過程で根拠を考えながら学習

通関士養成

Jtrade

貿易統計Web検索システム ジェイ・トレード

FAX&COPYサービス

統計品目番号を記して申し込めば、後はFAXを待つだけ!

貿易統計
データ提供サービス

貿易統計データを表計算ソフトに取り込み二次加工が容易に!

分析、継続、解決の過程で根拠を考えながら学習

~自分の弱点を知り、最近の試験傾向の情報をつかみ、それに見合った学習をするために私が取り入れたツールとは・・・~

平成25年度・通関士養成オンライン基礎力UP講座受講(受験2回)
川村 育代さん

私は2回目の受験で合格することができました。
1年目は主に専門学校で週末に講座を受講し、平日は仕事が終わったあとに自主学習していました。
合格には相当な学習が必要であるとの情報を様々なところで聞いていましたし、1回で合格したかったので、学習時間は平均よりも多くこなしていました。1年目の学習総時間は、およそ400時間程度になると思います。
しかしながら、結果は不合格。
今振り返ると、なんと表面的な学習のみで試験に挑んでいたことかと思います。
勉強時間は平均以上でも、表面的なことのみしか理解しておらず、もう一歩踏み込んだ学習が必要でした。
ここであきらめてはいけないという思いがありましたので、合格発表後には2回目の受験に向かって独学でどのような学習をすればよいか自分なりに分析しました。
最近の試験傾向は「課税価格の計算」がキーポイントであるということを認識しましたので、2年目はそこに重点をおいて学習しようと決め、下記のものを新たに学習のツールとして取り入れました。

【関税評価303】 何度も読み込み、なぜ課税価格に算入・不算入なのかを考える訓練をしました。とても有益な情報が盛り込まれており、この参考書の読み込みで理解が大幅にアップしました。
【オンライン基礎力UP講座】 申告書の問題を掲載している市販のテキストは限られていますが、「オンライン模試」は最近の傾向を踏まえて何度でも繰り返し行えるので、直前の対策にとても役に立ちました。
学習していてわからないところがあれば、何度も質問箱に質問して解決するようにしました。放置しておくと、また同じ問題で躓いてしまいます。
【税関ホームページの関税評価事例】 事例がいくつも載っていて、課税価格に算入・不算入となる根拠を考える訓練になりました。

 

これら3点のツールを取り入れた結果、1年目よりかなり踏み込んで理解することができたと思います。
合格するためにはただひたすら学習を続けるのではなく、自分の弱点を知り、最近の試験傾向の情報をつかみ、それに見合った学習をすることが大切だと思います。
自分なりに分析するという作業が必要になってきます。

自分の学習スタイルを確立させることができたなら、次に、それを継続させることが最も重要だと思います。基本的には毎日30分でも学習をコツコツと続けます。それは目には見えませんが、積み重なるととても大きな力となって身に付いていきます。実際に私も「こんな勉強方法で身に付いているのかな?」と不安になりながらも、学習を続けることだけは止めませんでした。すると、8月、9月くらいには苦手だった申告書問題で自分の答えが正解していることも多くなり、それが嬉しくてもっと色々な問題を解いてみたいと思えるようになりました。

基本的には、毎日30分でも学習を続けることが大切です。続けるために無理はせず、体調が悪い時は学習をしないで休養する。その分を他の日に取り返せばよいのです。
メリハリのある学習で継続させていきましょう。

独学で学習をしていると、わからない箇所は多々出てきます。
わからない箇所はそのままにしておかず、インターネットで調べたりして解決するようにしてください。そのままにしておくと、また同じ問題に出合ったときに何も進歩がなく、もったいないです。私は、日本関税協会の「オンライン基礎力UP講座」を受講していましたので、受講生専用サイトの質問箱に何度も質問させていただきました。
「自ら質問する」という行為がインパクトとなり、質問して得た回答は普通に問題集を解くよりも頭に残っています。

わからないところはそのまま放置しないで、まず自分で調べ、質問して解決するように努めてください。調べたりしていく過程で、知らなかった情報をさらに得られることもありますし、何かしらの進歩がありますが、放置しておいたらそのままの状態なので進歩することもないままです。

主に以上の3点、「分析」「継続」「解決していく」が2年目の学習で気を付けた点です。 学習を続けていくなか、後半になると「ただ学習を続けていた1年目とは明らかに理解度が違うな」という手応えが私自身にも実感としてありました。
その結果、2年目は合格することができました。総学習時間は1年目とほぼ同じで、400時間くらいだと思います。

 

これから受験を考えておられる方々へ
1年に一度しか試験はありませんので、プレッシャーもあり、仕事との両立等で大変だと思います。しかし、今終わってみてわかったことは、努力してもすぐにはそれが報われないこともありますが、あきらめずに継続していれば必ず努力したことは結果につながります。目標に向かって努力するのは大変ですが、やはり素敵なことです。人生の中で充実の時間を過ごしているのだと思います。
無理せず、自分のスタイルで合格されることを祈念しております。