通関士の1日

通関士の1日

とある通関業者勤務の通関士の1日の一例を紹介しています。

午前8時30分 出社
税関の開庁(午前8時45分)に合わせて午前8時30分には出社します。NACCSの入力画面
朝一番の仕事は、前日中に審査しておいた案件の申告です。NACCSを使い貨物の搬入状態を確認し一斉に申告します。
即時許可(区分1)になるものもありますが、区分2(税関審査対象)、区分3(税関検査対象)になるものもあります。それらの書類は朝一番の税関配布受付時間(午前10時)までに税関に提出してもらうよう税関立会い担当に渡します。
 
午前9時
通関士以外の従業者も出社し、事務所内で朝の体操、朝礼、連絡事項、注意事項の通知等があります。
朝礼後は、貨物の種類や緊急度などを見て、区分2や区分3となりそうな「急ぎ案件」を優先的に、次の税関配布受付時間(午前11時)に間に合うよう審査・申告していきます。
 
午前11時~
税関の審査も進み、区分3だった案件の具体的な検査方法を指定する連絡が入ってきます。
検査には、
 ①貨物内容確認を主たる目的とした税関庁舎内への持ち込み検査や貨物搬入先で行う現場検査、
 ②社会悪物品摘発を主たる目的とした特別検査班検査、
が有ります。
それぞれの検査に応じ営業担当や税関担当者と段取りの打ち合わせを行います。
 
12時~1時 お昼休み
次の税関配布受付時間のタイミングが午後2時なので、どうしてもという「急ぎ案件」がある場合は審査を優先してお昼休みを減らしたり、ずらしたりすることもあります。
 
午後1時~
午後は3時、4時に税関配布の受付機会があるため、午前中同様、1時からはひたすら貨物の種類と緊急度に応じて優先順位をつけて書類審査・申告を進めます。デスクの上は処理を待つ通関書類が...
申告業務が一段落してきた3時頃、検査で現物確認した貨物の、統計品目番号相違を指摘する連絡が入ってくることがあります。内容を確認し当初申告の内容に誤りが有った場合は申告の訂正をし、許可をもらいます。
コンテナヤード混雑時などは、夕方5時頃に税関の開庁時間内に貨物を搬入できそうにない案件がでてきます。そのような時は税関の特別通関部門に連絡 し、予備申告(輸入)搬入前申告(輸出)を入れます。特別通関部門は、24時間体制にて夕方から夜間の緊急貨物を審査する部門です。申告を行い区分1とな れば搬入を待つのみですが、区分2や3となった場合は税関立会い担当に書類を渡して特通部門に書類を提出してもらいます。
 
午後5時45分 税関閉庁
申告業務はおしまいです。翌日申告分の書類審査に取り掛かり、準備が終わり次第帰宅となります。

 

全体の流れは以上ですが、通関書類の作成や審査の所要時間は、書類内容により大きく異なります。1件10分で完了するものもあれば、時として丸一日かけて も終わらないという、とんでもなく大変なものもあります。通関セクションは書類内容を自ら選択することは出来ませんので、日々の書類件数や書類の内容を課員で把握調整しながら、限られた通関士にてチームワーク良く業務に取り組んでいます。