ホーム › 輸入食品に対する検査命令の実施について

国内トピックス

Jtrade

貿易統計Web検索システム ジェイ・トレード

FAX&COPYサービス

統計品目番号を記して申し込めば、後はFAXを待つだけ!

貿易統計
データ提供サービス

貿易統計データを表計算ソフトに取り込み二次加工が容易に!

輸入食品に対する検査命令の実施について

2013年3月7日

メキシコ産未成熟いんげん、その加工品

2013年3月6日、以下のとおり輸入者に対して、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットに対する検査の義務づけ)を実施することとしたので、お知らせします。なお、登録検査機関の受託体制が整うまでの間は、自主検査にて対応することとし、自主検査での対応が困難な場合には、行政検査にて対応することとします。

対象食品等 検査の項目 経緯
メキシコ産未成熟いんげん、その加工品(簡易な加工のもの。) フロニカミド 検疫所におけるモニタリング検査の結果、メキシコ産未成熟いんげんから基準値を超えるフロニカミドを検出したことから、検査命令を実施するもの

【フロニカミドについて】

  1. ピリジンカルボキシアミド系殺虫剤。
  2. 許容一日摂取量(人が一生涯毎日摂取し続けても、健康への影響がないとされる一日当たりの摂取量)は、体重1kg当たり0.073mg/日です。
  3. 体重60kgの人が0.59ppmのフロニカミドが残留した未成熟いんげんを毎日7.4kg摂取し続けたとしても、許容一日摂取量を超えることはなく、健康に及ぼす影響はありません。
  4. フロニカミドは、未成熟いんげんには0.01ppmの基準値が適用されますが、例えば、こまつなには16ppm、えだまめには5ppm、いちごには2ppmの基準値が設定されています。

尚、詳細な情報は厚生労働省ホームページをご覧ください。

(出所:厚生労働省ホームページ)