ホーム海外トピックス › トランプ⽶⼤統領、TPP復帰の可能性について言及(アメリカ)

海外トピックス

AEO研修

AEO事業者には定期的な研修が義務づけられています!

Jtrade

貿易統計Web検索システム ジェイ・トレード

FAX&COPYサービス

統計品目番号を記して申し込めば、後はFAXを待つだけ!

貿易統計
データ提供サービス

貿易統計データを表計算ソフトに取り込み二次加工が容易に!

トランプ⽶⼤統領、TPP復帰の可能性について言及(アメリカ)

●アメリカ

2018年1月25日、スイスのダボスを訪れているトランプ米国大統領は、記者のインタビューに対して次のように述べました。

 

「・・・・・・米国にとって実質的に利益となる交渉ができるならばTPPに再加入する考えがある。現在のTPPは最悪の交渉結果である。・・・・・・」

 

(原文)
President Donald Trump says he would consider re-entering the Trans-Pacific Partnership if he can secure a “substantially better deal” for the U.S.
Trump tells CNBC in an interview in Davos, Switzerland that he “would do TPP, if we made a much better deal than we had.” He says, “We had a horrible deal.”

 

また、翌日の1月26日、同大統領は現地での演説の中でTPPについて次のように触れました。

 

「・・・・・・既にこれまで述べてきたように、米国は全ての国と十分利益のある二国間交渉(バイラテラル交渉)を行う用意がある。これには非常に重要なTPPの参加国も含まれる。我が国は既にそのうちのいくつかの国と協定を結んできている。残りの国々とも全てにとって利益があるのであれば、個別の国と、又はグループとしての国々と交渉することを検討している。・・・・・・」

 

Remarks
Remarks by President Trump to the World Economic Forum
Issued on: January 26, 2018
Davos, Switzerland
2:02 P.M. CET

 

As I have said, the United States is prepared to negotiate mutually beneficial, bilateral trade agreements with all countries. This will include the countries in TPP, which are very important. We have agreements with several of them already. We would consider negotiating with the rest, either individually, or perhaps as a group, if it is in the interests of all.

 

ダボス会議に出席しているトランプ大統領がTPPに言及したのは、米国の保護主義に反対する立場の他国の参加者に対して対抗する趣旨で述べたものか、それともTPPに復帰する考えの一端を表明したものか、現時点では判明していません。