ホーム海外トピックス › 米通商代表部がNAFTA再交渉の項目、日程を発表(USTR)

海外トピックス

Jtrade

貿易統計Web検索システム ジェイ・トレード

FAX&COPYサービス

統計品目番号を記して申し込めば、後はFAXを待つだけ!

貿易統計
データ提供サービス

貿易統計データを表計算ソフトに取り込み二次加工が容易に!

米通商代表部がNAFTA再交渉の項目、日程を発表(USTR)

●USTR

米通商代表部(USTR)は、2017年7月19日、先に表明していたNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の第1回目の会合を本年8月16日~20日の間、米国のワシントンで開催する運びとなったとの発表を行いました。この再交渉は、NAFTA加盟国の米国、カナダ及びメキシコの3か国の間で行われます。この再交渉の日程は、ライトハイザー通商代表が議会に対してトランプ大統領のNAFTA再交渉についての意向を通告した日(本年5月18日)から議会、一般国民等との協議のための90日間が終了する日の翌日に当たります。

 

NAFTA再交渉の日程発表に先立つ2017年7月17日、通商代表部は再交渉の目標として22の項目を発表しました。通商代表部は、その発表の中でNAFTAの再交渉を通じてトランプ政権は米国の貿易赤字を縮小し、カナダとメキシコにおける市場アクセスを改善することにより、米国人すべてにとってフェアな協定内容にすると述べています。その背景として、メキシコとの物品の貿易バランスは1994年のNAFTA発効当初の13億ドルの黒字から2016年には640億ドルの赤字となり、またカナダとの間では酪農品、ワイン、穀物等について市場アクセス上の問題が生じており、こうした物品に対する障壁は現行協定では解決できないとも述べています。

 

通商代表部は、2017年5月18日の議会等への再交渉の通告後、パブリック・コメントを求め、1万2千件の回答が寄せられ、さらに3日間にわたった公聴会では140人超から証言を得たとし、このような回答や証言は今回の再交渉の目標に反映させていると述べています。

 

再交渉の目標として挙げられている22項目は次の通りです。

 

①物品の貿易(工業品及び農産品)、②衛生植物検疫(SPS)、③税関、貿易促進及び原産地規則、④技術的障壁、⑤規制、⑥サービス貿易(電気通信、金融サービスを含む)、⑦物品・サービスのデジタル貿易及び国境を越えるデータ送信、⑧投資、⑨知的財産、⑩透明性、⑪国有企業、⑫競争政策、⑬労働、⑭環境、⑮反腐敗行為、⑯貿易救済、⑰政府調達、⑱中小規模の企業、⑲エネルギー、⑳紛争解決、㉑例外規定(健康・安全の保護、安全保障等の正当な保護のための例外)、㉒為替レート

 

①の物品の貿易に関しては、トランプ大統領が選挙期間中メキシコ製品には35%の関税を課すとしていましたが、交渉目標では工業品、農産品を含めて現行の無税を維持するとなっています。

 

③の税関、貿易促進及び原産地規則に関しては、世界貿易機関(WTO)の協定の履行、法令、手続き等の透明性の確保、貨物の迅速な解放、宅配便の簡易且つ迅速な通関等、また域内の部品等の調達率を定める原産地規則に関してはNAFTAの恩典を米国等の北米諸国で製造された産品が享受することができるようにし、これらの産品や原材料の使用へのインセンティブを高めるようにするとされています。

 

⑦の物品・サービスのデジタル貿易及び国境を越えるデータ送信に関しては、デジタル製品(ソフトウェア、音楽、ビデオ、電子書籍等)に関税を課さないこと、電子的に送信されるデジタル製品は無差別扱いとし、国や地域によって政府が差別しないことを保証すること、国境を越えるデータ送信を規制する措置をとらないこと、コンピュータのソース・コードの開示を政府は求めることができないようルール化すること等が述べられています。

 

⑨の知的財産に関しては、WTOのTRIPS協定(知的財産権の貿易の側面協定)の遵守、特に同協定中の執行上の義務の履行、更には米国の法律と同等の保護を知的財産権に付与する規定を設けること等が謳われています。

 

㉒の通貨安誘導につながる為替操作に関しては、国際収支の調整のため、また不公正な競争上の優位を得るために為替レートの操作を行うことがないようにすることが記されています。

 

ライトハイザー通商代表は、交渉目標の発表に当たって「トランプ大統領はすべての米国民にとってより有利な取引をするためにNAFTAの再交渉をするとの約束を果たすこととなる。あまりにも多くの米国人が工場の閉鎖、雇用の輸出、政治的な約束の不履行によって傷つけられてきた。トランプ大統領のリーダーシップの下、USTRは交渉を通して公正な扱いを求める。我々は、米国の恒常的な貿易の不均衡に取り組み、貿易上の障壁をなくし、輸出を増やすための新たな機会をもたらすよう交渉する。トランプ大統領は米国の繁栄を取り戻し、米国を再び偉大な国にしようとしている」と述べています。

 

(出典:2017年7月17日発表のNAFTA再交渉のための交渉目標及び7月19日付けの通商代表部のプレスリリース等より)

 

過去の関連ニュース
2017年5月24日「トランプ政権、NAFTA再交渉を議会に通知(USTR)」