ホーム海外トピックス › クロアチアが欧州連合の28番目の加盟国に(EU)

海外トピックス

AEO研修

AEO事業者には定期的な研修が義務づけられています!

Jtrade

貿易統計Web検索システム ジェイ・トレード

FAX&COPYサービス

統計品目番号を記して申し込めば、後はFAXを待つだけ!

貿易統計
データ提供サービス

貿易統計データを表計算ソフトに取り込み二次加工が容易に!

クロアチアが欧州連合の28番目の加盟国に(EU)

 

●EU

欧州委員会は、6月28日付けのプレス・リリースで、7月1日からクロアチアが28番目の欧州連合の加盟国となることを発表しました。同発表によれば、この加盟に伴い、欧州連合の領域が東方に拡大されるだけでなく、過去の旧ユーゴスラビア内での抗争に終止符が打たれ、クロアチアが安定性を備えた民主国家として、欧州連合加盟国の義務、基準を満たす国となったことになるとしています。旧ユーゴスラビアからの加盟は、スロベニアに続いて二番目となります。

 

この加盟に伴って、直接国境を接する欧州連合加盟国のスロベニア及びハンガリーとの間はもとより、それ以外の加盟国の間でも税関による輸出入貨物等の管理が撤廃されることとなり、すべての通関等の税関手続が不要となります。ただし、これによって国境措置が完全に撤廃されるわけではなく、国境での検査なしに越境を認めるいわゆる「シェンゲン圏」に入るまでの間は、警察による国境管理は一部残ることとなります。

 

貿易政策に関しては、加盟によってクロアチアは欧州連合の域内市場に組み込まれ、すべての加盟国との取引は自由となります。したがって、クロアチアの輸入は、自動的に欧州連合の輸入となります。欧州連合の共通通商政策はクロアチアにも適用されるため、通商政策の責任は欧州連合に移行します。

 

同国の物品の輸出の約60%は欧州連合への輸出とされ、その輸出額は39億ユーロ、また輸入額は61億ユーロで、欧州連合との間では22億ユーロの赤字となっています(2012年統計)。

 

(出典:6月28日付けの欧州委員会のプレス・リリース等)