ホーム教育セミナー実地研修セミナー › 実地研修 関西国際空港

教育セミナー

Jtrade

貿易統計Web検索システム ジェイ・トレード

FAX&COPYサービス

統計品目番号を記して申し込めば、後はFAXを待つだけ!

貿易統計
データ提供サービス

貿易統計データを表計算ソフトに取り込み二次加工が容易に!

実地研修 関西国際空港

西日本の要である関西国際空港。航空貨物から国際郵便まで...すべての貨物の流れを体感!

 二本の4000m級滑走路に加え、完全24時間体制運用の実現を背景に、今や日本一のLCC拠点として急速に発展している関西国際空港。航空貨物についても、その強みを中国をはじめとしたアジア圏へと存分に発揮しています。
 この実地研修では、まず午前中に航空貨物の現場を体感していただきます。関西空港貨物地区内の保税蔵置場にて、輸出貨物の上屋搬入、ビルドアップなど搭載機への積込み前の様子、輸入貨物のULDからのブレイクダウンの様子や国内引取りの貨物のハンドリング等をご覧いただきます。フォークリフトが縦横に動き回る保税蔵置場で、航空機への貨物の積み卸しのスピード感をご覧ください。
 午後は、通関に係る諸手続き――動物検疫・植物検疫・通関――の流れをご覧いただきます。農水省植物防疫所・動物検疫所についての座学の後、実際の貨物検査室をご覧いただきます。その後、輸出入通関手続きと関西空港地区の概況について、大阪税関の税関広報担当官からのレクチャーにて理解を深めて戴き、通常の航空貨物の通関の流れ全体を理解していただきます
 最後に、大阪税関・大阪外郵出張所にて、国際郵便物の通関の流れ ――通常の航空貨物との通関の違い、申告納税・賦課課税―― や、知的財産侵害物品の取締り状況についてのレクチャーを経て、国際郵便物の通関現場をご覧いただきます。
 
一日を通して、通常の航空貨物のみならず国際郵便物に至るまで、航空便で運送される国際貨物全体の諸手続を俯瞰し、実際の現場・現物の流れを体感することで日常の業務へとつなげる講座です。

内容(コース予定)
午前
  1. 貨物地区内保税蔵置場にて、航空貨物の荷役の様子および通関の現場を見学
  2. 貨物地区内、貨物代理店ビル会議室にて農林水産省動物検疫所 関西空港支所の概況説明
午後
  1. 貨物地区内、貨物代理店ビル会議室にて農林水産省 神戸植物防疫所 関西空港支所の概況説明
  2. 貨物合同庁舎内、動物検疫所・植物検疫所の検査場を見学
  3. 貨物合同庁舎内にて、税関広報担当官より関空地区の概況および税関業務について解説
  4. 大阪外郵出張所にて、知的財産侵害物品の取締り並びに国際郵便物の通関現場を見学
日にち
(締切)
セミナー名 定 員 一般価格
(賛助会員価格)

2017年
12/1
(11/21)

実地研修 関西国際空港

【会場】
JR線/南海電車「関西空港駅」改札口
大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1
【時間】
09:15集合(関西空港駅 改札口集合)
17:10関西空港旅客ターミナルビルにて解散予定
(終了予定時刻は交通事情・行程により変動
   する可能性がございます。御了承下さい)
  • 参加者を変更する場合は開催10日前の11/21までにご連絡下さい。
20名
1法人2名まで
17,820円
(11,880円)

お申し込みの流れ

下記リンク先の申込フォームから、必要事項をご記入の上お申込下さい。
セミナー申込みフォームでの、講座の選択方法はこちらをご覧ください。

一日保険に加入していただきますので、生年月日を必ずご入力下さい。
1法人あたり2名までご参加戴けます。
当日は関西空港内貨物地区内を見学しますので、

参加者のご自宅の住所を必ずご入力下さい。

◆注意事項
  • ※ 本セミナーは定員制・先着順になっております。定員に達し次第、申込受付を終了致します。
     また、幅広くご参加いただくため、1法人あたり2名までのご参加とさせていただいております。
  • ※ 万が一、参加者を変更される場合は開催日1週間前までにご連絡下さい。それ以後の変更はお受けできませんので、御了承下さい。
  • ※ 価格は受講者一名当たり、バスチャーター代、団体旅行保険料、昼食代、消費税が含まれます。
  • ※ セミナー当日は、大型バスまたは中型バスを使用して移動いたします。
    また、天候及びその他諸事情により視察コースを変更する場合がありますので、予めご承知おきください。
    その場合においても参加費用の返金は行ないません。 また、一端お振り込みいただいた参加費用は理由の如何を問わずご返金いたしません。
  • ※関西国際空港見学をご希望される場合、セキュリティー(制限エリア内入場)の都合上、お申込時に、ご自宅のご住所を記載していただきます。
  • ※傷害保険加入のため、ご参加される方の生年月日が必要となりますので記載していただきます。