ホームリファレンス国際機関情報 › アジア欧州会合(ASEM)

アジア欧州会合(ASEM)

設立の経緯及び目的

アジア欧州会合(ASEM:Asia-Europe Meeting)は、世界の三大経済センターたるアジア、欧州、北米のうち、アジア-欧州間においてもハイレベルでの連携を十分にとることが重要との認識から、1994年にシンガポールのゴー・チョク・トン首相がアジアとEUのサミットを提唱したことを受け、両地域間で開催されることとなったものである。

第1回首脳会合は、アジア側からASEAN7ヵ国及び日本・中国・韓国、欧州側からEU15ヵ国及び欧州委員会の計26メンバーの首脳クラスの参加を得て、1996年3月にタイのバンコクにおいて開催され、アジアと欧州の首脳が初めて対等な立場にたって、政治、経済、文化等の幅広い分野について建設的な対話を開始し、その中で我が国がアジアの一員として積極的に関与・提案を行った大きな意義を有する会合となった。

その後、外相会合、経済閣僚会合、財務大臣会議等の開催の他、橋本総理(当時)からの提案を受ける形で麻薬取引の防止のための協力及び税関手続の調和・簡素化に関する協力の強化のため、関税局長・長官会議が開催される等、ASEMの活動はさまざまな分野に広がっている。2004年10月にベトナムのハノイで開催された第5回首脳会合では、アジア側より3ヵ国(カンボジア、ラオス、ミャンマー)、欧州側よりEU新規加盟10ヵ国のASEMへの新規参加が正式に承認され、2006年9月にフィンランドのヘルシンキで開催された第6回首脳会合では、インド、パキスタン、モンゴル、ASEAN事務局及び2007年からEUに新規加盟することが決まっていたブルガリア、ルーマニアの新規参加が承認された。2010年10月にベルギーのブリュッセルで開催された第8回首脳会合では、ロシア、オーストラリア、ニュージーランドが承認された。さらに、2012年11月にラオスのビエンチャンで開催された第9回首脳会合では、バングラデシュ、ノルウェー及びスイスが新規承認され、ASEMは49ヵ国と2機関として新たなスタートを切っている。首脳会合では、経済財政問題について意見交換が行われ、また、地球規模の課題、社会・文化協力、地域情勢等について議論された。成果文章として「ASEM9議長声明」と「平和と開発のためのパートナーシップの強化に関するビエンチャン宣言」が発出された。

ASEM加盟国・地域一覧
ASEM加盟国・地域(2012年12月現在)
欧州側
(計29ヵ国+欧州連合)
アジア側
(計20ヵ国+ASEAN事務局)
アイルランド ハンガリー インド モンゴル
イタリア フィンランド インドネシア ラオス
英国 フランス オーストラリア ロシア
エストニア ブルガリア 大韓民国 ASEAN事務局
オーストリア ベルギー カンボジア  
オランダ ポーランド シンガポール  
キプロス ポルトガル タイ  
ギリシャ マルタ 中華人民共和国  
スイス ラトビア 日本  
スウェーデン リトアニア ニュージーランド  
スペイン ルーマニア パキスタン  
スロバキア ルクセンブルク バングラデシュ  
スロベニア 欧州連合 フィリピン  
チェコ   ブルネイ  
デンマーク   ベトナム  
ドイツ   マレーシア  
ノルウェー   ミャンマー  

計49ヵ国+2機関