門司支部

会議等開催状況(29年度)

    ホーム > 門司支部からのお知らせ > 会議等開催状況(29年度)

会議等開催状況(29年度)

【29年度】【28年度】【27年度】【26年度】【25年度】【24年度

 

 平成29年度に開催された会議研修等の結果報告です。

 

 

◎厳原地区懇談会

 10月13日(金)、対馬市交流センターにおいて、厳原地区懇談会を開催しました。
 厳原税関支署長 岡村 信一 氏及び、統括監視官 岩田 庄司 氏から最近における税関行政について、パワーポイントを利用した講演を行っていただきました。また、参加者間で、国際貿易の振興策について、忌憚のない意見交換が行われました。

   

 

◎下関地区懇談会

 10月11日(水)、下関グランドホテルにおいて、下関地区懇談会を開催しました。
 本部評議員で門司支部常任幹事の 関光汽船㈱ 取締役副会長 山本 一清 氏の開会挨拶及び
下関税関支署長 児玉 竜太郎 氏の来賓挨拶の後、門司支部の活動報告が行われました。
 門司税関長 郡山 清武 氏による講演会は、「最近における税関行政について」と題して行われ、軽快な口調で聴講者の心をつかみ、あっという間に講演会が終了しました。講演聴講者からは、「話が面白く、最近の税関行政の動きがよく理解できた」と、好評を博していました。

   山本 常任幹事 開会挨拶  児玉 下関税関支署長 来賓挨拶     郡山 門司税関長 講演

 

◎保税・承認工場研修会

 10月6日(金)、門司支部では、長崎支部及び長崎税関保税地域協議会との共催で、長崎税関の全面的な協力を得て承認工場研修会を鹿児島市の「よかセンター鹿児島」において開催しました。
 門司支部からは、7社9名の方々に遠路参加いただきました。なお、会議の様子につきましては、長崎支部ホームページ「関税メールプレス(№483)」を、ご参照願います。当日の研修資料は別途ホームページに掲載しております。

   

 

 

◎北九州地区懇談会

 平成29年度、門司支部では12の地区で地区懇談会・講演会を開催します。その先陣を切って、10月2日(月)ステーションホテル小倉において、北九州地区懇談会を開催しました。懇談会には、約120名が出席、野畑 昭彦 副支部長(門司港運㈱代表取締役社長)の開会挨拶、門司税関総務部長 浅野 尚一 氏の来賓挨拶、支部活動報告の後、講演を二つ行いました。

   野畑 副支部長 開会挨拶  浅野 門司税関総務部長 来賓挨拶       懇談会風景

 

 門司税関長 郡山 清武 氏から、「最近における税関行政について」と題して、最近の貿易動向(全国・九州経済圏・地元の港別)に始まり、税関の三つの使命を中心に、金塊や不正薬物等の摘発状況や知的財産侵害物産の差し止め状況、輸出入申告官署の自由化、AEO制度の動き等について、パワーポイントを用いて分かり易く説明していただきました。
 二つ目の講演は、「マインドフルネス~より脳に良い習慣」と題して、カウンセラー 平田 和歌子 氏から、コミュニケーション能力、迅速な事務処理をこなせる能力、集中力・忍耐力の向上等を目的とした講演と、それを醸成する実習(瞑想と傾聴)を織り交ぜて展開されました。参加者からは、「脳がリフレッシュし、集中力の高まりが実感できた」と、早速効果を披露していました。

   郡山 門司税関長 講演        講演風景     平田和歌子氏 講演

 

 

 

◎前門司支部長 重渕雅敏 儀 「お別れ会」

 6月19日(月)リーガロイヤルホテル小倉(北九州市)において、去る5月3日に永眠されました前門司支部長 重渕 雅敏様 の「お別れ会」が、粛々と執り行われました。
 同氏におかれましては、TOTO株式会社での要職、北九州商工会議所会頭等を歴任する中、平成16年12月から平成22年6月までの長きにわたり、門司支部の支部長として支部活動の運営に多大なるご尽力をいただきました。(合掌)

 

 

◎保税・貨物管理責任者研修会(下関地区)

 6月16日(金)下関港湾福祉センター(会議室)において、保税の貨物管理責任者研修会を開催しました。講師は、門司税関監視部 保税地域監督官 田中 浩氏 に担当していただきました。研修会には、下関地区保税部会会員企業から21社35名が参加しました。

 
       研修会風景  

 

 

◎MOU連絡会及び保税・初任者研修会(伊万里・唐津地区)

 6月14日(水)伊万里港湾合同庁舎(会議室)において、同地区のMOU連絡会等を開催しました。伊万里税関支署の保税担当職員によるMOU連絡会に基づく最近の密輸動向などについての説明や情報提供依頼が行われ、また、合わせて初任者研修会並びに輸出入申告官署の自由化の実施及び通関業制度の見直しに伴う通達改正についての説明会も開催されました。連絡会等には、同地区保税部会会員企業及び会員外企業合わせて、9社21名が参加しました。

 

 

◎保税・貨物管理責任者研修会(洞海地区)

 6月13日(火)戸畑税関支署(会議室)において、保税の貨物管理責任者研修会を開催しました。
 講師は、門司税関監視部 保税地域監督官 田中 浩氏 に担当していただきました。研修会には、洞海地区保税部会会員企業から13社19名が参加しました。

 
      研修会風景  

 

 

 

◎経済連携協定の原産地規則説明会(福岡会場)

 6月7日(水)・8日(木)の両日午後、長崎支部、沖縄支部との共催で、「経済連携協定の原産地規則説明会」を、福岡県中小企業振興センター(福岡市博多区)で開催し、2日間で延べ68名が参加しました。
 説明会には、東京税関業務部総括原産地調査官 上原 原産地調査官と 中島 調査官を講師にお迎えし、7日は、本説明会初の「化学品・木材・ゴム」、8日は「食料品」を中心に、我が国が締結しているEPA(経済連携協定)に基づく特恵関税を活用するうえで特に重要な要素である原産地規則について、非違事例やケーススタディを交え、わかりやすく説明していただきました。

      中島 調査官       説明会風景      上原 原産地調査官

 

 

 

◎平成29年度 門司支部定時総会

 6月5日(月)、ステーションホテル小倉(北九州市小倉北区)において、平成29年度支部総会を開催しました。午後3時から定時幹事会、保税部会役員全体会議、4時から総会、4時45分から時局講演会、6時から意見交換会と一連の行事が滞りなく進行しました。

      定時幹事会       利島 支部長     保税部会役員全体会議

 

 総会には、261名が出席、利島支部長の開会挨拶、酒井門司税関長の来賓挨拶に続いて、28年度の事業報告、決算報告、29年度事業計画、予算案等の議案審議が行われ、満場一致で承認されました。
 また、保税部会役員全体会議は牛山保税部会長を議長に選出し、保税関係研修会をさらに充実していくこと、また、2年に一度の保税部会役員の改選等が承認されました。

     牛山 保税部会長     利島 支部長 開会挨拶    酒井 門司税関長 講演

 

時局講演会では、公益財団法人 九州経済調査協会 調査研究部次長 片山礼二郎氏 による「熊本震災後の九州経済と今後の見通し」の講演を行い、好評を博しました。

 
   片山礼二郎氏 講師        総会風景  

 

 

◎非違事例勉強会(北九州ブロック・下関地区)

 5月24日(火)午前、午後の2回に分け、旧大連航路上屋(多目的室)において、保税業務の非違(法令違反)事例勉強会を開催しました。本勉強会には、北九州ブロック(門司・小倉・洞海地区)及び下関地区に所属する保税関係会員等から、延べ74社105名の方が参加しました。
 講師には、門司税関監視部 保税地域監督官 田中 浩氏 を迎え、保税業務で発生する非違の発生原因と再発防止策等について、具体例を挙げながら分かりやすく説明していただきました。勉強会の終盤には事例問題が出され、参加者は同業他社の担当者と熱心な意見交換を行っていました。

     勉強会(午前)       勉強会(午後)

 

 

◎AEO事業者連絡協議会分科会(九州・沖縄地区)

 5月23日(火)福岡県中小企業振興センター会議室において、九州・沖縄地区で初めてのAEO事業者連絡協議会分科会が開催されました。本分科会は日本関税協会本部主導で、関税局・東京税関の全面的な協力を得て開催されました。
 分科会の中で、㈱ジェネック様から活用事例報告が行われ、同社の真摯な取り組みの紹介は、参加者の皆様にも大いに参考になったものと思われます。
 今回は、AEO認定取得会員企業を中心に21社32名の参加があり、関税局等からの説明を傾聴し、自由討議では会場が熱くなる意見交換が行われました。

 自由討議での関税局・東京税関方々       分科会風景

 

 

 

◎保税・貨物管理責任者研修会(岩国地区)

 4月26日(水)岩国港湾合同庁舎(会議室)において、保税の貨物管理責任者研修会を開催しました。
 講師は、門司税関監視部 保税地域監督官 田中 浩氏 に担当していただきました。
 研修会には、岩国地区保税部会会員企業から8社10名が参加しました。

      研修会風景

 

◎MOU連絡会(門司・小倉地区)

 4月20日(木)門司港湾合同庁舎7階会議室において、麻薬密輸防止のための協力関係強化を目的とする覚書(MOU)に基づく連絡会が開催されました。
 門司税関監視部、田野浦出張所並びに苅田出張所の保税担当幹部及びNACCS九州事務所からも参加いただき、麻薬密輸防止に取り組む当局の強い姿勢がうかがわれました。
 会員企業等から59社82名が参加し、真剣に傾聴し当局への協力を再確認しました。

   熱心に傾聴する会員の皆様