出版物のご案内

 

CIPICでは1992年1月から権利者に対し内外の知的財産侵害物品の水際取締に関する情報をCIPICジャーナルを通じて提供してまいりましたが、2018年3月でジャーナルを廃刊とし、知的財産侵害物品の水際取締情報は、2018年4月から関税協会の機関誌「貿易と関税」に掲載することとしました。

現在、知的財産関連記事の電子版を取扱っています。

貿易と関税

年間購読料:11,496円(税込)

貿易と関税は、我が国の最近の関税政策・税関行政を巡る動向や、経済連携協定の詳細、その他企業のビジネス展開に視点をおいた記事を掲載しております。知的財産侵害物品の水際取締りに関しては米国、欧州及びアジア地域の動向や、最新の知的財産関連の情報を掲載しております。

CIPIC会員の方は、過去のCIPICジャーナル掲載記事及び貿易と関税に掲載された知的財産関連記事を、ご案内画面の最新号及びバックナンバーをクリックすることにより、電子的にご覧いただくこともできます。

最新号及びバックナンバー

知的財産侵害物品の水際取締制度の解説 [2009年版]
-模倣品・海賊版等への対策は万全ですか-

頁 数:B5判 377頁 価 格:4,320円(税込)、 送料は別途ご請求させて頂きます。(1冊の場合350円、2冊以上の場合はご相談下さい。)
発行日:平成21年6月29日    ISBN NO. :978-4-931302-13-6

本書は、税関における知的財産侵害物品の水際取締制度を解説した最新の参考図書です。
平成20年度の法改正で通過貨物が取締対象に追加されたことにより、我が国における水際取締対象は、 輸出・輸入・通過貨物と全て網羅されることとなったことを受け、平成21年4月の最新の法改正をも盛り込むとともに、 税関の知的財産侵害物品の取締体制、関係法令(各種の税関様式を含む)、輸入差止申立書等の記載要領など、 全て最新のものに改めました。
なお、今版には、新たに、我が国及び世界の税関における水際での差止実績や特徴などを取りまとめて掲載しております。 税関による知的財産侵害物品の水際取締制度を有効に活用される上で、 極めて強力な助っ人!
是非、この機会にお求め下さい。